日本、交差点3000km長距離ミサイル開発:刑務所通信

Estimated read time 1 min read

日本防衛省は、交差点が最大約3000kmの長距離ミサイルを多数開発し、2030年代の配置を目指していると、交通通信が24日に精通した消息筋を引用して報道した。

政府は、2030年代初めまで射程距離2000kmのミサイルを配置し、2035年頃までに3000kmの極超音速ミサイルを配置する計画だと、教徒通信が伝えた。

出典:ロイター

READ  野村、国家支援中国株の反騰により日本流入の減少
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours