経済

日本、出張者検疫3日に短縮

日本の管理者は金曜日に予防接種を受けた出張者の隔離期間を10日から3日に短縮すると述べた。

日本保健当局が認めた予防接種書類を所持した旅行者は、コロナ19音声判定を受けて3日間隔離後、「必要な事業や訓練のために外出や公共交通を利用できる」と木原清二官房長官が11日明らかにした。 言った。

続いて「年末を目標に団体観光客の再訪問を許せば状況を検討する」と付け加えた。

日本は、感染症が始まって以来、事実上国境を閉鎖し、事例が大幅に減少するにつれて規則が緩和された。 8月の新規1日新規確定者が8月20日に25,851人で頂点を取った8月の1日に10,000人を下回ることはほとんどありませんでしたが、先週は310人以下に着実に減少しました。 保健省提供データ

月曜日から行われるこの変更は、世界3位の経済規模を誇る日本の広範な旅行規則緩和の一部となるでしょう。 日本はまた留学生を受け入れ、ビジネス旅行者に長期ビザを発行するだろうと、木原氏は語った。

しかし、オックスフォード大学のデータによると、日本の人口の約73%がワクチン接種を完了したにもかかわらず、日本の国境制限はこの地域で最も厳しいものとして残っています。

これまではビザを所持した訪問者だけが入ることができ、14日間自家格理をしなければならなかった。 当局はファイザー、モザーナ、アストラジェネカワクチンを10月10日まで10日に短縮した。 シノバクワクチンとジョンソン・アンド・ジョンソンワクチンの受益者とワクチンを接種していない旅行者は、14日間きつくできていない。

READ  今週の事業| エコノミスト

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close