経済

日本、子宮内膜がん治療剤キトルダ・レンビマ複合剤承認

日本厚生労働省(MHLW)がキトルダとレンビマ併用療法を子宮内膜がん治療剤として承認した。

キトルダは、メルクのPD-1とそのリガンドであるPD-L1、PD-L2との相互作用を妨げるPD-1治療剤である。

それは体の免疫システムが腫瘍細胞を感知し、対抗する能力を増加させる。

Eisaiが発見し開発したLenvimaは、経口利用可能な多受容体チロシンキナーゼ阻害剤です。

それは血管内皮成長因子(VEGF)受容体VEGFR1(FLT1)、VEGFR2(KDR)およびVEGFR3(FLT4)のキナーゼ活性を阻害します。

併用療法は、癌化学療法を受けた後も継続した切除不可能な進行性または再発性子宮内膜癌患者に適用されます。

MHLW承認はキトルダとレンビマ複合体が国内承認を受けたのは今回が初めてだ。

現在、米国、ヨーロッパ、日本では、特定の進行性子宮内膜癌の種類を治療するために併用療法が承認されています。

メルク研究所の臨床研究副社長、グレゴリー・ルビニエッキー博士は、「日本では、子宮内膜癌の発症率は毎年着実に増加しており、進行した段階で診断を受けたり、病気が再発した患者のための選択肢が制限されている」と述べた。

「今日の承認により、日本の切除不可、進行性または再発性子宮内膜がん患者は、現在、化学療法に比べて全生存と無進行生存を大きく改善した最初の免疫療法とチロシンキナーゼ阻害剤の組み合わせの選択権を持つようになりました。」

規制承認は、進行性子宮内膜癌に苦しんでいる827人の患者を対象に行われた重要な三相KEYNOTE-775/研究309研究から得られたデータに基づいていました。

この試験では、併用療法は病気の進行または死亡リスクを44%減少させ、死亡リスクが38%減少し、無進行生存(PFS)が改善され、全生存(OS)で統計的に有意な改善を示した。 化学療法と比較して。

臨床試験で現れた最も一般的な異常反応は、吐き気、甲状腺機能低下症、疲労、関節痛、タンパク尿、高血圧、下痢、嘔吐などだった。

さらに、MerckとEisaiは、20以上の試験で他の多くの癌タイプについてKeytrudaとLenvimaの組み合わせを研究し続けています。

READ  アングル:米金融業界コロナ流行にNY捨てフロリダ州に| ロイター

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close