スポーツ

日本、数スディルマン杯マレーシアの罰金試合中断| スポーツ

Zii Jiaは、世界ランキング1位のKento Momota(写真)を相手に見事な勝利を収め、マレーシアの初の勝ち点を獲得しました。 – ロイター写真

クアラルンプール、10月3日 – フィンランドヴァンターで開かれたSudirman Cup 2021トーナメントで若いマレーシアのバドミントン代表チームが、最後の夜、日本に1-3で敗れた後、準決勝で幕を閉じました。

今回の大会で日本がマレーシア下したのは、今回が2度目だ。 グループD最終戦でもチームを4-1で下した。

マレーシアのが昨日の準々決勝で、伝統的なライバルであるインドネシアを破っただけで最後の夜の努力は、日本との16年の干ばつを終了に十分ではないでした。

開幕戦で男子ダブルス代表と2020東京オリンピック銅メダリストのAaron Chia-Soh Wooi Yikは試合42分にわたってTakuro Hoki-Yugo Kobayashiのアグレッシブなプレーでノックアウトしました。

世界ランキング16位の伯耆 – 小林は21-15、21-14で日本を破って先制ゴールを出した、山口茜が女子シングルスの試合で2-0で楽々先行った。

世界ランキング5位のYamaguchiはS. Kisonaを26分で21-7、21-5で破り、自分のクラスに属しています。

二回の敗北で、マレーシア陣営に圧力が加重されている中、競技場の雰囲気はまだ浮かれていて、参加した観客はチームの強力な支持を示した。

一寸のためらいもなく、体を曲げずに、チームの主張でもある国内最高の男子シングルスの選手イ・ジアが世界1位桃太郎ケントを相手に見事な勝利を収め、マレーシアの初の勝ち点を獲得した。

スリリングなアクションの中で、1点から7-11とリードされZii Jiaは15-14でリードし20-20タイを作ってエネルギッシュな活躍を広げ22-20勝利を収めた。

Zii Jiaは2セットで11-7でリードし、自信をキウォトジマンMomotaは再び12-12タイを作った両方の戦闘機のスコアを19-19に達するまでスコアを与える受け景気が激しくなりました。

しかし、落ち着いて執拗なZii Jiaは、連続2点を集め桃太郎を21-19で勝ち、Tシャツを虚空に投げ意味のある勝利を祝った。

この勝利で、マレーシアは国家代表女子ダブルスパーリー弾-M(Pearly Tan-M)を使用してパリティを回復しようとしました。 Tinaah、しかし、彼らの執拗な闘志にもかかわらずMayu Matsumoto-Misaki Matsumotoを55分で21-19、21から17に勝つだけでは十分ではなかった。

出口を示しジュギンたが、マレーシアの若い選手団は、実際に、マレーシアバドミントン協会(BAM)が設定された8強進出の目標を超えました。

マレーシアは10月9日から17日まで、デンマークオーフスで開かれる予定のThomas and Uber Cup 2021のキャンペーンで戦い続ける予定です。 Uber Cupのために、中国、デンマーク、カナダとD組。 – ベル生

READ  ナダル4連覇! 4大大会20勝/フランスのOP決勝詳細 - スポーツライブ速報:日刊スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close