理科

日本、暗闇の中でもCOVIDの変種を不活化する新しい抗ウイルスコーティングの開発

奈良医科大学、神奈川産業科学技術研究所、東京工科大学の研究者が開発したコーティングは、二酸化チタンと酸化銅化合物の組み合わせを使用して作られます。

代表的なイメージ。 シャッターストック

東京: 日本の科学者たちは、室内の光と闇の両方で、さまざまな種類のコロナウイルスの亜種を不活化する新しい抗ウイルスコーティングを開発しました。

奈良医科大学、神奈川産業科学技術研究所、東京工科大学の研究者が開発したコーティングは、二酸化チタン(TiO2)と酸化銅(CuxO)化合物の組み合わせを使用して作られます。

彼らは、SARS-CoV-2ウイルスの主要な感染経路は、感染した人々が空気中に放出する液滴を介して行われ、これらの液滴が様々な表面にも存在することを付け加えた。

ウイルス感染は主に多くの人々が集まる屋内環境で起こると研究者は言った。

アルコールや過酸化水素などの抗ウイルス化学物質は、定期的に触れる表面の汚染を取り除くためによく使用されます。

これらの化学物質は基本的にタンパク質を分解し、ウイルスを不活化します。 しかし、それらは本質的に揮発性であるので蒸発する。

その結果、消毒プロセスを定期的に実行する必要があります。

Scientific Reports Journalで発表されたこの研究では、固体状態の光触媒をウイルスに対する代替防御手段として説明しました。

固相コーティングは化学的消毒剤とは異なり、長期間残留し、毒性がなく豊富で化学的・熱的に安定であるという利点がある。

これらの固体コーティングの大部分はTiO 2 光触媒を使用する。 この光触媒は、紫外線(UV)光にさらされると、コロナウイルスがヒト細胞に入り感染するのを助けるスパイクタンパク質などの有機物を破壊することができる酸化反応を引き起こす可能性があります。

しかし、これらのコーティングは、通常の屋内環境では存在しない紫外線にさらされた場合にのみ活性化される。

コーティングが可視光と暗い条件で機能するようにするために、チームはTiO2とCuxOナノクラスターからなる複合材料を開発しました。 CuxOナノクラスターは、Cu(I)およびCu(II)種が存在する混合酸化物で構成されています。

CuxOのCu(II)種は可視光線駆動光触媒反応に寄与し、Cu(I)種はウイルスタンパク質の変性に重要な役割を果たし、暗い条件下で不活化されます。

CuxO / TiO2粉末をガラスにコーティングすることによって、研究者はSARS-CoV-2の非常に致命的なDelta変種でさえも不活化できることを示しました。

彼らはまた、野生型株に加えて、CuxO / TiO2によるAlpha、BetaおよびGamma変異体の不活化を確認した。

チームの分析は、CuxOのCu(I)紙がスパイクタンパク質を変性し、暗い条件下でもSARS-CoV-2のRNA断片化を引き起こすことを強く示唆しています。

すべて読む 最近のお知らせ最新ニュースクリケットニュースボリウッドニュース
インドニュース そして エンターテイメントニュース ここで。 私たちに従ってください FacebookTwitter そして インスタグラム

READ  宇宙に隠れている不良太陽系外惑星は住みやすいか月を持つことができると科学者たちは言う

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close