日本、最新データによると、需要不振と物価上昇で第1四半期の経済成長率の下方修正

1 min read

日本は、経済が今年の第1四半期に年間2.9%の速度で萎縮したことを示すために以前の推定値を修正しましたが、中央銀行の調査によると、状況は依然として低迷していることがわかりました。

バンコク – 日本は経済が今年第1四半期に年間2.9%の速度で萎縮したという推定値を修正しましたが、中央銀行が月曜日に発表した調査によると、依然として景気が低迷していることがわかりました。

アナリストは1月〜3月のGDPデータの下方修正を予想し、これは主に建設活動データの変化によるものであると述べた。 以前の見積もりは年間ベースで1.8%減少しました。

日本銀行の四半期調査によると、大型・中型メーカーの企業心理が若干改善された。 しかし、調査の詳細は日本と海外の両方で需要が弱いことを示した。

キャピタル・エコノミクスのMarcel Thieliant氏は、ダンカンの評価で「すべての産業と企業規模で、ビジネス条件は12レベルに安定しており、これは(四半期ごとに)GDPの成長率が約0%に相当する過去の形態です」と述べた。

彼は「今四半期のGDP成長の新たな鈍化は、産業生産企業が6月に予測した不振と一致するだろう」と述べた。

INGエコノミックスのエコノミストたちは昨年、コンピュータチップ不足で工場ラインが鈍化した自動車メーカーの正常な生産再開が、全体的な製造心理を小幅改善した要因の一つだと述べた。

今年初め、政府の成長下方修正で最も大きな特徴は、公共投資が1.9%減少したという点だ。 当初3%成長したと推定された。 民間住宅または住宅は、前の見積もりの​​2.5%減少の代わりに2.9%減少しました。

日本の経済は、年末四半期に年間0.1%の速度で成長し、2四半期連続で萎縮したり、技術的景気後退をかろうじて避けました。 2023年の全年度は年間1.8%の速度で拡大しました。

米ドルに対する日本円の弱さは輸出業者に利益となった。 しかし、日本が輸入する多くの商品や製品、特に石油とガスのコストが急激に増加した。

米国連邦はファンデミック期間中に発生したインフレを抑えるために金利を高く維持したが、日本の中央銀行はより多くの支出と投資を促進するために信用を安く保つために基準金利をゼロに近づけた。

しかし、価格の上昇は、日本の労働者の収入の増加に先んじて、需要が比較的弱い状態を維持し、主に消費者の需要によって主導される経済成長を弱めました。

最新のデータによると、今年の第1四半期の家計支出は、インフレを考慮した実質基準で減少したことがわかりました。

READ  ワールドビジネスクイックテイク - Taipei Times
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours