技術

日本、海外軍事用リスクのある技術研究公開しないこと

日本政府が核心技術に関する研究結果を海外で軍事的用途に転用したり、国益を危うくする危険がある場合、公開しないと金曜日の消息筋が述べた。

経済保安法に明示された先端技術に関する研究結果は、政府管理と民間研究員で構成された協会でのみ共有され、一部の機密情報は機密保持契約がさらに適用されると消息筋は述べた。

2022年8月10日、内閣改編後、東京で新たに任命された経済安保担当長官の高一真荘が記者会見に出席している。 (刑務所)==刑務所

協会は政府が導入するセキュリティ通関システムのパイロットの役割を果たす予定だ。

ミサイル開発に使用できる極超音速技術や衛星監視システムに発展できる宇宙関連技術を含む20の技術が潜在的に重要であると法に明示されています。

日本の先端技術分野への進出の熱望は、急変する安保環境の中で米国、中国、ロシア間の競争が激化して出てきたのだ。

去る5月に制定された経済保安法は、民官協力を通じた先端技術開発を促進するために研究分野別協会を設立する枠組みを設けた。

政府は国家経済保障基金で研究に約5000億円(38億ドル)を投資すると予想されます。

その結果は、国防、沿岸警備隊などの軍事目的で使用されると予想されることを除いて、一般的に国内の大学、企業、その他の機関が技術の開発と実際の適用を支援するために公開されています。

政府はまた、研究目的で提供された機密情報について機密保持契約を課し、違反の場合には最大1年間の懲役刑に処することができます。

新しい経済保安法制定の過程で保安統制制度の導入が提案された。 この制度は海外当局と機密情報を共有するために不可欠である。

しかし、多くの与党議員が身元照会を経て審査を通過しなければならないという懸念を表明し、まだ法に含まれていない。

READ  Appleは、バーチャルリアリティヘッドセットを次世代製品として見ています。

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close