日本、石炭発電所の閉鎖ではなく開放

Estimated read time 1 min read

石炭を基盤とした工業化を通じて富を蓄積した豊かな国々は、膨大な速度で汚れたエネルギーに背を向けています。

産業革命の揺りかごである英国の石炭消費量は昨年20%減少した。 そのレベルの10%未満 政府データによると、10年前より1月と2月には前年同期比でほぼ3分の1減少しました。 先月、ある時点で化石エネルギー発電量が全体的に減少しました。 発電量の2.4%ほど低い 英国のニュースサイトCarbon Briefはこう指摘しました。 米国では、2023年の石炭使用量が17%減少し、 12% 下落 欧州連合(EU)では昨年の石炭発電不振率が26%に達した。

READ  松山英樹が日本の新しい国民的英雄になった方法
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours