トップニュース

日本、米国1月に「2+2」安保交渉注目

外交消息筋は水曜日、日本と米国が外務大臣と国防長官間の「2+2」安保会談をまもなく開催する可能性があり、同盟国が中国、北朝鮮、ロシアからより大きな安全保障挑戦に直面していると述べた。

約1年ぶりにそんな形式で開かれる両国の初会談は、今年末までに計画された日本の国家安全保障戦略の修正によるものだ。 国家の長期安全保障および外交政策ガイドラインは、他の2つの主要な防衛文書とともに更新される予定です。

消息筋によると、ジョー・バイデン米大統領政権が先月、第1国家安全保障戦略を発表し、両国政府が同盟が提供する抑制力と対応能力をさらに向上させる方法を議論するだろうと消息筋は伝えた。

1月にオンラインで行われた1月の安全保障協議の後に発表された共同声明で、大臣は次のように述べています。することで合意した」と明らかにした。 」

2022年1月7日、日本と米国外務長官と国防長官が仮想安保会議を開催している。 (上から時計回りに)Antony Blinkenアメリカ国務長官、Lloyd Austin国防長官、Nobuo Kishi日本防衛賞、Yoshimasa Hayashi外務大臣。 (写真提供:日本外務省)(刑務所)

林吉正外務相、浜田康和防衛賞、アントニー・ブリンケン、ロイド・オースティン米国外務相は、予定された対面会談に出席する予定だ。

岸田文夫首相は、地域水域で中国の主張が強化され、北朝鮮の繰り返しミサイル試験発射、ロシアのウクライナ戦争を背景に日本の防衛力を大幅に強化すると約束しました。 政府は、今後の安保戦略で、いわゆる敵の基地攻撃能力を確保するための計画を明確にすることを目指している。

そのような能力は、同盟内で長い間役割を分担し、ワシントンが攻撃的な「窓」の役割を果たし、東京が防御的な「盾」の役割を果たすことを変えることができます。

消息筋は、大臣が両国の改正された安全保障戦略に従ってどのような役割を果たすべきかを議論するだろうと伝えた。

両国はまた、台湾海峡の安定を維持し、東シナ海で東京が領有権を主張する北京尖閣列島を防御し、宇宙とサイバー空間、消息筋は語った。

北京が分離地域と見なす台湾を取り巻く緊張が高まっています。 先月、習近平中国国家主席は、中国本土が民主的に運営される島を統制するために武力を使う権利を決してあきらめないと述べた。

ホワイトハウスの国家安全保障戦略(National Security Strategy)は、国際秩序を再編しようとする意図で中国を「唯一の競争相手」とし、インド太平洋地域を「21世紀地政学の震源地」と定義した。


関連する適用範囲:

日本-米軍、北朝鮮緊張高調に合同公衆訓練を実施

米日外交官、習近平3選で中国を監視することで合意

岸田・バイデン「北朝鮮発射に対する日米抑止力強化」


READ  NVIDIA、GeForce RTX 30シリーズを正式発表 - GAME Watch

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close