経済

日本、腎臓地域の繊維の人権保護強化

TOKYO-日本の繊維産業は、サプライチェーンの調査が増加する中、サプライチェーンでの強制労働やその他の人権侵害を選別するために、政府と協力しています。

経済産業省は、月曜日に発表された報告書で、繊維産業の人権侵害を根絶ガイドラインを設けて、環境問題の解決策を強化することを要求する予定だ。 業界では、人権デューデリジェンスのための公開フレームワークを構築する必要があります。

中国の腎臓地域の綿花生産で強制労働の疑いのような人権問題に対する認識の高まりにより、日本企業が欧米の不買運動や海外投資家の脱出のための潜在的な露出が増えました。 このレポートは、特定の産業の持続可能性を扱った最初の政府の報告書です。

日本の繊維連盟は、国際労働機関と協力して、来年までガイドライン草案を作成します。 ここでは、公平な労働時間と賃金、児童労働の存在と関連する潜在的な人権侵害を評価するための条項が含まれることが予想されます。 同社は、サプライヤー監視手順を使用します。

連盟は、昨年同様の手順を発表した日本電子情報技術産業協会が設定した事例を説明します。

国連と経済協力開発機構(OECD)は、企業が人権侵害のサプライチェーンを監視することができるフレームワークを用意しました。 去る6月、7つの豊かな国のグループは、腎臓で綿花生産に使用されたとされるウイグルのイスラム教徒の少数の労働の隠された言及であるアパレル業界の強制労働についての懸念を表明しました。

西洋アパレル会社も伸び綿使用に反対する立場をとりました。

米国税関当局は、腎臓での強制労働で生産された容疑で今年ユニクロのシャツの輸入を遮断した。 フランスの検察は、ウイグル族労働と関連してユニクロ親会社ペストリーテーリングを含む4つの会社の調査を開始しました。

中国は世界で二番目に大きい綿生産国で身長地域が国の生産量の80%以上を占めています。 安くて高品質という評価を受けたが、国際的なバイヤーは、労働の疑いのためにますます遠くなりました。

READ  日本はCOVID脅威が増加するにつれて、ファンレスオリンピックの幽霊に直面している

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close