エンターテインメント

日本、自殺都市データベースの構築ライフスタイル

(ジャパンニュース) – 日本の保健省は、この問題のより明確な絵を提示し、自殺を試みた人々をさらに支援するために、自殺の試みに関する詳細登録を作成する予定です。

厚生労働省は今回の年度から自殺を試みた後、緊急医療センターに移送された人々に関する資料を収集する予定だ。 この施設の従業員は、その人の性別、年齢、そしてどのように人生を終えようとしたかなどの詳細を尋ねます。 この情報は個人の身元を明らかにしない方法で記録されます。

自殺時も、生存者は再び自殺を試みるリスクが高いとして、この記録が予防対策強化の基盤となるだろう。 国防省は、最終的に日本全域のすべての緊急医療センターが新しいイニシアチブに参加することを目指しています。

世界保健機関(WHO)は、国家にいわゆる自殺試み登録システムの構築を促します。 教育省によると、このレジスタはすでにコスタリカとイギリス、ベルギーの一部の地域で使用されています。 教育省は、収集された情報が匿名化され、データベースに記録されることを期待しています。 福祉部はこのように蓄積された資料を医療・福祉強化など自殺予防対策に反映する計画だ。

レジストリの開始時に発生する可能性のある問題の研究は、9月から日本全土の約10の場所で行われました。 質問内容を慎重に見て、自殺時も生存者が福祉サービスを利用したかどうかを確認する予定だ。 他の質問には、「どの従業員がいつ死亡したいのかを尋ねられたのか?」が含まれます。 そして「精神健康福祉センターや児童相談センターなど他の機関に患者の事例が伝えられましたか?」

この研究を担当している帝京大学医科大学 Yasufumi Miyake 教授は、レジストリには 2 つの主な利点があると考えています。

緊急医療専門家の三宅(Miyake)は、「日本全域の緊急医療施設で患者の自殺試みに関するデータを収集することは、自殺予防措置を考案するのに役立つだろう」と述べた。 「たとえば、医療従事者がこれらの患者が人生を終えたいと思っていることを覚えていて、他の関連機関を参加させるなど、この問題に対する認識を高めるのに役立つことを願っています。」

自殺防止対策研究に参加する一般社団法人であり、国指定機関である日本自殺対策推進センターが登録体制を構築します。

センターの代表取締役である清水康之(Yasuyuki Shimizu)は「実際の状況をより明確に把握し、自治体や医療従事者に対する教育を強化するなど、自殺生存者に対する支援を全面的に強化しなければならない」と述べた。

READ  坂上忍「愛するの?」→ふわちゃんの「リターン」の視聴者が拍手」クレバーて笑う」「興味本位触れるおじさんの模範解答」:J-CASTニュース[전체보기]

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close