経済

日本、財政健全性の見通しを2026年度まで引き上げる

日本政府は、7月に発表した以前の推定値より1年早い2026年度に公共財政を回復することができ、企業がコロナウイルス感染症の影響から回復するにつれて税収が増加すると予想すると金曜日政府が明らかにしました。

内閣府は2027年3月まで税収から債務返済費用を除いた費用を差し引いた基本収支が黒字に転換すると予想し、最も楽観的なシナリオで約2000億円(18億ドル)の黒字を出すと明らかにした。 その半年の予測。

最新の予測によると、世界3位の経済規模は安倍晋三首相執権の下で2020年度から5年延期された2025年度の財政健全化達成目標をまだ達成できないだろう。

日本は、コロナ19ファンデミックに対処するための急激な人口減少と支出による社会保障費用が雪玉のように吹く中で財政健全性を改善するために苦労しています。

しかし、事務局は、国家が支出を合理化すれば、2025年度目標を達成することが「目に見えるだろう」と述べた。 岸田文夫首相は、政府が2025年度の目標に固執すると述べた。

文大統領はこの日、国務会議で内閣推定値を発表した主要経済財政策委員会会議で「国家が目標会計年度の変更が必要な状況ではないことを確認した」と話した。

Kishidaの言及は、ファンデミックが日本の経済と財政に与える影響を考慮して、政府が2025年度の目標を検討した後です。

このスケジュールを前進したのは主に税収の増加が予想されたためであり、これは製造業とIT関連企業の回復税の中で法人税収入の増加に支えられて徐々に増加すると予想される。 – 期間の見積もり。

政府は2022年会計年度に65兆2400億円の税収を昨年7月の予想値より6兆円増加すると予想した。

しかし、推定値は、日本経済が2022年度から実質成長率約2%、名目成長率約3%を維持する最もバラ色のシナリオに基づいています。

2020年度までの20年間で、経済が3%以上の名目成長率を達成したのはたった一度だけなので、予想通り、2026年度に財政の健全化を実現することは難しいかもしれません。

経済が約1%の実質および名目成長率を記録した場合、国家は最新の推定から最も遠い期間である2031年度まで財政健全性を達成できないだろう。

2020年度に国内総生産(GDP)は実質4.5%または名目3.9%減少し、1次収支赤字は48兆8000億円でファンデミックに対処するための3つの追悼が追加されました。

事務所は、オミクロン亜種の拡散によるコロナウイルス感染の世界的な急増の影響など、慎重に観察する必要がある経済見通しに関する不確実性について警告しました。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  岸田文雄、日本企業のための「新資本主義」構想

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close