技術

日本、10年ぶりに平均寿命が減少

日本の平均寿命が10年ぶりに減少し、COVID-19による死亡が主な原因であると数値が示されています。

最後に減少したのは、規模9.0の東日本大震災が強打し、ほぼ20,000人の命を奪った巨大な津波を発生させた2011年でした。

保健省が2021年7月29日に発表した最新資料によると、女性の平均期待寿命は87.57歳、男性は81.47歳だった。

両数値とも史上最高値を記録した前年度に比べて下落した数値です。

女性の期待寿命は前年度より0.14年、男性は0.09年減った。

交通事故、がん、肺炎による死亡者も2021年に死亡しました。 しかし、COVID-19による死亡者の増加は、寿命の数値の低下に寄与した。

昨年、コロナ19死者は1万6771人と集計された。 これは前年(3,466件)より4.8倍増加した数値だ。

このため女性の期待寿命は前年度より0.07年短縮された反面、男性は0.1年短縮された。

昨年、男女の期待寿命はすべて減ったが、依然として歴代2番目に高かった。

保健福祉部の関係者は「期待寿命の延長が止まったわけではない。 「大きな傾向がひっくり返ったとは思わない」とコロナ19による死者数の減少が一時的であることを示唆する。

人口1人当たりコロナ19死亡者が非常に高いヨーロッパと米国に比べて日本の期待寿命減少幅は少なかったと関係者は付け加えた。

日本の女性の平均寿命は依然として世界最高水準です。 1985年からそうでした。

日本男性の平均寿命はスイス、ノルウェーに続き世界3位だ。

2021年に生まれた人々の3大死亡原因であるがん、心臓病、血管性脳疾患のいずれかに陥る確率は女性が43.52%、男性が48.9%だった。

両数値とも医療技術の発展と塩分摂取の減少に対する大衆の認識向上により前年度に比べて改善されたと食薬処は明らかにした。

READ  ヨーロッパがロシアの天然ガスから抜け出すことを望む方法

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close