技術

日本、2023年度以降、子ども機関開始の延期



Prime Minister Fumio Kishida is seen on Nov. 19, 2021. (Mainichi/Kan Takeuchi)

日本政府が2023年度以降、児童関連政策を監督する機関設立を延期することに決めたと政府消息筋が土曜日に語った。

当初、2022年度に計画していた機関設立が延期されたのは、関連政府機関間の部署移転を調整するのに困難が発生したためです。

岸田文雄首相は11日、松山で記者たちに「政府は児童庁設立のための努力を続けるだろう」とし「来年定期国会に関連法案を提出する意思を再確認した」と話した。 。

この機関は、虐待など、ますます複雑になる問題に対処するために、さまざまな政府省庁と機関にまたがってポリシーを統合する新しい組織です。

菅義秀元首相は「垂直分裂を崩す」の象徴としたいという意味を明らかにした。

政府は当初1年ぶりにデジタルエージェンシーを構築した経験をもとに、2022年度に新しい児童関連政策指揮所を設立することを目指した。

岸田首相は今月初め、記者会見で政府が新しい機関設立に努めると明らかにしたが、その優先順位は彼の政権に属し、執権連合内の議論はデッドロックに陥った。

政府の計画により、この機関は内閣の外国で構成され、専任長官が監督するようになります。

厚生労働省内保育・児童虐待予防担当部署と内閣内児童貧困対策を総括する部署を吸収する予定だ。

転校の調整が難しく、教育に関連するほとんどの問題は文部科学省がそのまま残る見込みだ。

READ  米国の反発の楽観主義にアジア市場の上昇

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close