日本、5億6千万ドル追加負担 大阪エキスポ費用

Estimated read time 1 min read

日本政府は、2025年大阪万国博覧会のために敷地開発費用以外に5億ドル以上を支出しなければならないと明らかにしました。

ジミハナコエキスポ担当大臣は、月曜日の参議院予算委員会会議で詳細を発表しました。 彼女は政府が日本館の建設に2億4千万ドル以上を費やすと述べた。

Jimi氏は、発展途上国の展示施設の設置には1億6000万ドル以上が必要で、イベント場のセキュリティには1億3000万ドル以上かかると述べた。 エキスポ広報のために追加で2,500万ドルが支出される予定です。

これは敷地建設費用に加えて最大5億6千万ドルを超える金額です。 このための予算はインフレのためにほぼ16億ドルに増え、政府はその費用の3分の1を負担することになります。

岸田文夫首相は、政府が財政的義務を果たし、お金が無駄にならないように努力しなければならないと述べた。 彼はエキスポの全体像を公衆に伝えるためには透明性が重要だと付け加えた。

READ  Japan Fes Food Festivalは4月9日にNYCのChelseaに戻ります。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours