エンターテインメント

日本、COVID自殺対抗するために孤独相創設

日本はコロナ19による爆発的な自殺率に対抗するために孤独長官を任命した。

菅義偉日本の首相は、すでに低迷国の出生率を高めようとする内閣委員の坂本徹時を示した。

シュガーは今月初め、日本の女性が、特に約1年前コロナウイルス大流行が始まって以来、うつ病に苦しんでいると指摘した。 10月だけで、全国でほぼ880人の女性自殺犠牲者が前年に比べて70%増加した数値だ。 BBCは報じた。

シュガーは今月初め、新しい記事を発表した会議で「特に女性は、より孤立した感じを受けており、増加する自殺率に直面している」と述べた。 Nikkei Asiaによると、

PMは、新しい孤独長官に「問題を調査して総合的な戦略を出したらと思います。

坂本は後で記者に「孤独と社会的孤立を防ぎ、人々の間の結合を保護する活動を推進していきたい」と語った。

彼は、政府機関との間のより良い調整を開始し、問題を議論するために緊急フォーラムを設け始めました。

日本の自殺の専門家上田美智子はBBCに問題の一部が安定した雇用がない未婚女性の増加と関連があると述べた。

「多くの女性は、もはや結婚していない。」と彼女は言いました。 「彼らは、自分の人生を扶養し、恒久的な職業がありません。

だから何が発生した場合 [such as the pandemic]もちろん、彼らは非常に、非常強く当たった。」

不動産広告会社であるLifull Coと関連シンクタンクによると、一般的に、より多くの日本ミレーニオル世代が一人で生活しており、業務環境を対人社会化の主な情報源にしています。

「大流行が起こる前都市都市の一人で住んでいる人の典型的な一日は、次のようだったでしょう。彼らは朝から夜まで働き、仕事の後のドリンクを飲んだり、友達と外食をして家に戻ります。 ” 、シンクタンクの長は言った ジャパンタイムズ。

「食料品を買う唯一の場所は、おそらく近くにあるコンビニエンスストアである。

「彼らに家は、単に職場で床に就くことができる場所でした。 ”

島原さんは「コロナウイルス感染症が原因で多くのシングルが近所の人を知らないか、ずかずかとの距離の場所と呼ぶことができる地元のバーがない現実を知りました。

英国は2018年に独自の孤独長官を任命した。

READ  マスクを拒否男性J-CASTの取材に戻って持論自らも長野県警に「被害届」出した:J-CASTニュース[전체보기]

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close