日本「Suzume」、今年最高の非祝日デビュー – バラエティ

Estimated read time 1 min read

日本アニメ映画「すずめ」は、中国本土劇場で公開週末に5千万ドルに少し及ばない収益を上げました。

コンサルティング会社Artisan Gatewayのデータによると、「Suzume」が金曜日と日曜日の間に4960万ドル(RMB342百万)でボックスオフィス1位を占めました。

これは1月末の雪休み週を除いて今年公開された映画の中で最も高い公開点数だ。 その後は去る2月中旬1940万ドルに封切りした「アントマンとワスフ:クォントマニア」だ。

新海誠が監督を務めた「すずめ」は昨年末日本で開封し、合計1億500万ドルの収益を上げました。 去る2月ベルリン映画祭で上映されたこの映画は概ね手ぶらで出たが以後公開されたアジア地域で強勢を見せた。 (現在、2023年に公開された映画の中で2番目に高い収益を上げた韓国では、3番目の週末がこれまで最強です。)

「Suzume」は週末に合計7,570万ドルのボックスオフィスを記録しました。 Artisan Gatewayは、現在まで中国の年間総額が22億6000万ドルで、昨年同じ時点より約12.5%先行すると計算しています。

「すずめ」は過去2週間、ボックスオフィス1位を占めた国内ソーシャルコメディドラマ「ポストトゥルース」をじっくりと抜いた。 それにもかかわらず、「Post-Truth」は週末に追加の1,250万ドルを提供し、発売から17日で合計7,280万ドルを記録しました。

中国で制作された新作「最高はまだ来ていない」とミステリードラマ「マニフェスト」はそれぞれ560万ドルと240万ドルを稼いで3位と4位に入った。

「The Best Is Yet to Come」は、Wang Jing監督の2020年ドラマ映画で、実際の事件を元に制作されたそうです。 インターネット時代以前の2003年を背景にした高校中退者が探査ジャーナリストになり、世界を変えようという熱望に従います。 インディーアイコンJia Zhangkeが総括制作したこの映画は、2020年9月にヴェネツィアとトロントフェスティバルで国際初演を行いました。

中国産犯罪ドラマ「リバイバル」が第3週末興行収益220万ドルで5位を占めた。 発売から17日で2,770万ドルを稼いだ。

ソニーの「オートラと呼ばれる男」も先週末、中国劇場で開封した。 しかし、その性能はあまりにも少なく、Artisan Gatewayはその数値を報告していません。 現地の中国データプロバイダは、中国のトップ10位圏外で開かれることを指摘しています。

今月初めに公開された2つのハリウッドタイトル「シャジャン! 神々の怒り’と’M3gan’も5位圏から抜け出した。 中国の消息筋によると、それぞれ累積総額は590万ドルと284万ドルだ。

READ  Tower Records 店舗が日本でまだ繁栄している理由
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours