トップニュース

日本が旅行を歓迎しながら国境再開を考える

競争優位性:
保健大臣は、大きな地域の発症のため、旅行の制限は効果がないと述べた。 旅行会社は再開の方針を求めています。

  • By Yang Yuan-ting, Chen Hsinyu, Jonathan Chin / スタッフ記者, スタッフ作家

日本が台湾旅行者がパッケージ旅行を通じてすぐに台湾を訪問できると発表した後、中央伝染病指揮センターは昨日国境を再開することは「時間問題」と話しました。

木曜日、日本は、台湾を含む感染リスクが最も低い地域を示す「ブルー」リストに、98カ国および地域の旅行者を始め、国境を徐々に再開すると発表しました。

日本の管理者は、到着時にコロナ19検査と検疫要件がブルーリストの国または地域から来た旅行者に対して免除されると述べた。

写真:ブルームバーグ

センター長の陳時中保健福祉部長官は、毎日の記者会見で、関係者がまだ再開政策を確定していないと述べた。

台湾は比較的低いCOVID-19感染率のために旅行制限の緩和に慎重だったが、現地の発症のために区別がなくなったとChenは言った。

Chenは、台湾人の約6%が公式COVID-19のケースとして記録されていますが、入国旅行者の約4〜6%が国境通過で行われた迅速なテストで陽性であり、海外旅行が影響を及ぼさないと結論付けました。できると付け加えました。 台湾のコロナ19拡散について。

これとは別に、観光局は台北が旅行制限を緩和するまで台湾観光団体は日本を旅行できないと述べた。

コロナ19拡散防止のため、2020年3月から日本観光庁のパッケージ旅行提供が禁止された。

旅行司法(旅行業管理規則)を引用して規定に違反すると、警告に続いてNT$5,000からNT$10,000の間の罰金が課せられることがあると述べました。

いくつかの旅行代理店は、2月にEVA航空によって計画が中断される前に、日本でパッケージ旅行を組織するために入札を提出したと述べています。

黄清鳳プロビデンス大学観光学科副教授は「政府は現地発病が鎮静されると予想される8月から到着時に検査と検疫を含む伝染病国境制限を解除しなければならない」と話した。

彼は、組織にかなりの時間が必要な団体旅行の再開について、機関が事前に準備できるように国境再開通知を事前に発行しなければならないと述べた。

彼は「中国がコロナ19ゼロ(Zero COVID)」政策の中で旅行を禁止し続けているため、台湾旅行グループは一般的に中国観光産業に行くパッケージを販売する機会を持つことになると付け加えた。

コメントが確認されます。 記事に関連するコメントを維持します。 悪口やわいせつな言語、あらゆる種類の人身攻撃、または宣伝を含むコメントは削除され、ユーザーがブロックされます。 最終決定は台北タイムズの裁量に従います。

READ  大泉洋主演映画会見で、彼の紅白社会材料を開く...司会者、映画の話題と(デイリースポーツ) - Yahoo! ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close