トップニュース

日本が芸術のハブになるための租税構造再調整

日本はギャラリーと博覧会が日本に拡張されるように税法を変更し、世界の美術市場での競争力を備えるため、他の道を模索しています。 日経アジア レポート。 これらの努力は、ニューヨークとロンドンと同等の主要な芸術ハブである香港は、芸術的表現に冷酷な影響を与えることができる国家安全保障法の使用の増加と格闘しながら行われました。

1980年代後半の経済的繁栄のおかげで、美術市場で浮上た日本は、現在販売本土コレクターと香港の販売のために20%を占める中国全体に比べて、全世界の美術市場の4%を占めています。 は、世界最大のアートフェアであるArt Baselを毎年開催します。 また、香港は、近年オープン予定のM +博物館と急成長するWest Kowloon Cultural Districtのような主要な芸術機関に莫大な投資をしており、これはそこで芸術の市場を活性化したもので、広く認識されています。 Christieの日本代表であるKatsura Yamaguchiは「慣習を通じた芸術取引を促進することは意味があるが、まず、国の芸術の基盤を構築する必要があります。 例えば、スペインのビルバオにグッゲンハイムがあるかのように、世界的に有名な美術館の一点を開くと、観光客だけでなく、芸術に関連した人たちも引き込むことができます。 “

このため、日本は、米国と中国に次いで世界で3番目に多くの億万長者を保有しており、外国人観光客を引き込んでいます。 去る2月には、規制改革大臣河野太郎が率いる東京公務員はアートギャラリー、オークションやアートフェアを輸送芸術の交通芸術を国家の自由港区を通じて販売または展示できるようにして、潜在的に数百万ドルの関税を節約し、税金の支払い。

“このような変化 [in Japan] コレクターが登場する一芸術界の反応を引き出す膨大な興奮を発散することです。」とPace GalleryのMarc Glimcher代表が言いました。 2019年、米中貿易不況で北京の前哨基地を閉鎖したペースは、ソウルでのプレゼンスを拡大しており、日本への進出を「検討」しているとGlimcherは認めた。 彼は「日本が本当に戻って開いたら、再びアジア美術市場の中心地になる可能性がある」と述べた。

すべての画像

READ  乃木坂46佐藤楓・ヨーダゆき新型コロナウイルス感染 - モデルプレス

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close