トップニュース

日本が韓国に勝ってサッカー自慢する権利を主張

日本は木曜日に韓国(ソン・フンミンマイナス)を3-0で破り、10年ぶりに二ライバルとの間の最初のサッカー親善試合で自慢する権利を主張した。

ミッキー山根は17分に日本をリードするためにデビュー戦で得点を上げ、大地カーごとに10分後に二回目を追加した渉遠藤は後半3位を記録した。

トッテナムのフォワード手は韓国代表で退場して日本に出張していなかった。 クラブの監督である租税モウリーニョが選手が負傷しながら召されたと訴えてみましょう。

日本の匠南遊ぶサウサンプトン監督ラルフハサンフトゥルが伝染病期間中、彼の選手が国際試合のために旅行するのが「話にならない」と抗議したが、試合を開始しました。

パウロベント韓国監督は「もちろん、この結果と分析から学ぶことができるものがあるが、両チームの状況は同じでなかった」と述べた。

その結果、日本は2019年11月以来の最初のホームゲームで勝利し、火曜日モンゴルとのワールドカップ予選のキャンペーンを再開する前に、まともな運動をしました。

「正直に言うと、試合前に私たちが最後にプレイしたか古く少しの緊張感があったのです。」とKamadaは言いました。

「欧州から来た選手たちはトレーニングが少し重かった私も同じだった。大丈夫だろうしましたが試合が始まるやいなや、スイッチを下し、すべてがうまく走った。」

2002年ワールドカップの共同主催者との間の試合は、コロナウイルスの制限により、ほぼ無音の中で行われ、洞窟の中日産スタジアムの8,300人のファンは応援を禁止しました。

しかし、それは、日本がブロックの外に飛んでことを妨げませんでした。 フルバック山君Yuya Osakoのかかと引くを握って20分足らずでオープナーを入れたました。

アイントラハト・フランクフルトのストライカーである鎌田は27分、日本のリードを倍増増やし、韓国のGKジョヒョンオを倒す前にボールを前面に出した。

そして遠藤は83分に3ゴールを記録してCKをで最も高いスコアを記録してホームのヘディングシュートを投げ、日本チームの大きな勝利を収めました。

日本の監督の肇森安(Hajime Moriyasu)は「人々は生活の中で多くの制約ウルガし、一部の人々は、我々は、このような時間にゲームを知っていると思っていました。」と言いました。

「人々がなぜそのように感じるか理解が選手たちに懸命に努力して、すべてのことを尽くすことを見たときにスポーツが貢献できることを知ってほしい。」

amk / axn

READ  macOS Big Surの透過Dockとメニューをキャンセルする方法| 私蝶ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close