経済

日本では、500ドル未満で田舎の邸宅があなたのものになることがあります

COVID-19のために、アメリカ人は、彼らが住んでいる場所や方法を再考になったため、米国の住宅市場は、あまりにも熱くて、買い手となるバイヤーを追い越し排出させています。 一方、日本では家を購入するために必要なすべてのものが約500ドルであり、「ゴーストタウン」に生きるという意志です。

このフレーズは、超常現象ではなく、都市部での脱出と結合された、日本の数十年間の否定的な人口増加の傾向が、約848万人の結果を生んだという事実を意味します。 akiya (空き家)の国で最近 住宅や土地調査 2018年以来。 鳥取大学の地域学の教授であるTsutsui Kazunobuは次のように言いました。 農村1人当たり世帯数は、1960年39世帯だったが、2015年には15世帯で、2021年5月には、 レポート 経済協力開発機構(OECD)は、日本の全国農村空室率を約16%に固定させた。

この統計は、なぜ義久にシュガー首相が2020年9月に都市 – 農村分裂を解消することに焦点を当てて就任した理由を説明します。 その後、地方政府は、農村部の住宅所有および人口充電を奨励するために、すべての措置を取っており、これは結果的に経済の活性化を促進することができます。 これらの提案には、akiyaバイヤーのための急な財産税の割引と一緒に改造してトウヒに移動する人々のための改造補助金が含まれます。

しかし、「秋谷銀行」だけ誘惑的な提案はないでしょう。 彼らは実際の銀行はありませんが、基本的に大阪から約1時間15分の距離にある和歌山県などの特定の地域社会で、安価で放棄された家のためのZillowの役割をしているWebサイトです。 2015年の発売以来、和歌山の秋谷銀行に登録された600個のリストのうち、約200個の新規入居者を発見したし、現在の価格は最低価格が約800ドルです。 他の秋谷銀行では、50,000円(約455ドル)程度の低価格でも聞いたことがありません。

一部の日本の地域の住宅は非常に安いですが、買い手が秋谷を完全に受け入れないようにするいくつかの障害があります。

写真:ゲッティイメージズ/百合子中尾

在宅勤務の日本人専門家が東京の月の平均家賃より低い価格での修理店を購入機会をつかむと考えられるが、買い手が秋谷を完全に受け入れないようにするいくつかの障害があります。 経済協力開発機構(OECD)の日本シニアエコノミストであるダグラス・サザーランドは、次のように言いました。 一般的に日本でDIY住宅改造に対する関心が米国より少ないため、ほとんどのアキちゃんが価値があるよりも多くの問題が発生する環境に貢献することができます。

外国人が秋谷購入から除外されているわけではない、不可能ではない場合でも、いずれかを所有することにする多くのフープがあります。 改修費用のほか、日本の建築標準法の1981年の更新は、このような住宅がコードに合わせて救助作業が必要になるほど脆弱と見なされることを意味します。 さらに財産権は、人々は、この秋谷を崩し(技術)の住宅所有者の承認なしに新しく始めることはほとんど不可能にします。 したがって、不要な住宅は、改造と撤去の間に閉じ込められています。

これらの障害にもかかわらず、家を買うか、またはそのように手頃な価格で事業を開始するという考えは、あまりにも良いことが判明しました。 政府の最高レベルの買収により、農村の住宅所有の増加のための法的障害の一部が道端に落ちる可能性が常にあります。 しかし、今では多くの日本の都市が500ドルの家は、実際になるには、あまりにも良いと考えているようです。

READ  iMacの系譜招待iMacの誕生〜iMac Proを画像に戻り - iPhone Mania

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close