トップニュース

日本で急増する英国コロナウイルスの亜種

日本の地方政府の調査によると、英国で初めて発見されたコロナウイルスの亜種が日本で急増しています。 N501Yと呼ばれるこの亜種は、元のコロナウイルスより感染があるとします。

大阪府では、4月3日までの一週間の間に陽性反応を示した304人を対象にしたアンケート調査によると、73.7%(224人)が変異と一緒に現れた。

変異がある人の割合は、3月13日までの週の間に41.7%、3月20日までに48.6%、3月27日まで65%でした。

東京では、一週間で、日曜日まで陽性反応を示した510人のうち130人(25.5%)が変異があることが確認された。

この比率は、3月28日までの週の間に3.1%だったが、4月4日まで週には16%に上昇しました。 今ではほとんど10ポイントも上がりました。

調査には、感染したすべての人が含まれておらず変種養成と密接な接触をした多くの人々がいる領域が含まれます。

ただし、管理者は比率が上昇するにつれて、警告を強化しています。

READ  日本企業は、生ごみとの戦争で最先端の技術を使用し

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close