経済

日本とアメリカ、Kioxiとチップのセキュリティの未来を置いて取り組ん

TOKYO / WASHINGTON – 金曜日、全ToshibaメモリユニットKioxia Holdingsは、米国の経営陣と接続するオンライン理事会を開催しました。 この計画は、IPOのためのプロセスを開始し、東京証券取引所の申請を承認することでした。 その項目は、議題から除外された。

IPOは2020年TSEによって承認されたが計画は、米中貿易の緊張が原因で失敗に終わってい収益に打撃を塗りました。 それ以来Western Digitalとの合併を含む新しいオプションが登場しました。

しかし、半導体部門で日米連携を形成することは、中国の浮上に対応するという話と合うが、同盟国は、そのような重要な産業の非常に多くの制御を渡すために敏感です。 半導体は、データ社会の礎石であり、両国はそれぞれのチップ産業を強化することを熱望しています。 今回の取引は、今後数年の間に、日米同盟がどんな姿かを示すテストケースになる可能性が高い。

去る4月16日、ワシントンで開かれた日米首脳会談でバイデン米大統領と菅義偉首相が台湾海峡をめぐる状況をどのように議論したのかに見出しが集中した。 しかし、もう一つの重要なテーマは、半導体でした。

バイデン前副大統領は共同記者会見で、「安全で信頼性の高い5Gネットワ​​ークの促進、半導体などの主要部門のサプライチェーンの協力強化、地域共同研究の推進に至るまで、様々な分野で協力する」と述べた。 AI、ゲノミクス、量子コンピューティングなど。 “

米国側は日本、欧州連合(EU)と共同で最先端の半導体開発のための共同基金設立を提案した。

米国が東京と協力しようとする理由は、先端分野で世界市場を席巻している中国と競争するためだ。 多くのアメリカのチップ企業が今ファブレスとなり、世界の生産で米国市場シェアは、1990年に37%から2020年には12%に低下しました。

これは必須の供給を中国に依存する危険性があることを示します。

バイデン政権と議会は、半導体の生産を強化するために、500億ドル以上を指示する法案を検討しています。 このアイデアは、米国の先端半導体の生産に投資すると同時に、日本と韓国のような同盟国のメモリチップの調達を増やすことです。

Western Digitalオフィスビルは、カリフォルニア州アーバインにあります。 同社はKioxiaと合併された法人が、米国に拠点を置くことを好むようです。 ©Reuters

WDとKioxia間のビジネス統合の議論が注目を浴びたのは、Biden-Sugaサミットに際しでした。 このような合併は指導者が視覚化する日米半導体協力と完全に一致するものと考えています。

WDのCEOであるDavid GoeckelerはBiden-Suga首脳会談後Nikkeiとのインタビューで「私たちはKioxiaに多大なパートナーがいると考えており、将来は一緒に行われることを期待します。」と言いました。

GoeckelerはCOVID-19の障害にもかかわらず、何度も日本を訪れました。

ハード・ディスク・ドライブの主要メーカーであるWDは2016年SanDiskを買収し、メモリの分野に進出しました。 キーオシアとの統合に成功した場合、市場1位のサムスン電子に匹敵する規模だ。

しかしKioxiaは、WDが食べることをオフにいました。 日本の会社が主なパートナーになることに反対提案をしました。 一方、株主に利益を提供することを熱望している主要株主である東芝とベインキャピタルは、IPOを好むことが伝えられた。 進行が停止しました。

しかし、会談は継続されて、平等なパートナーシップと合併した企業の取締役会の議席共有のようないくつかの妥協案を導出しました。

最大の問題は、本社の場所でした。 WDは税金対策として会社が米国の会社になるように主張したと思います。

しかし、半導体産業を復活させようとする熱望は日本でも同じように強い。 日本のメーカーの世界市場シェアは2019年に10%に低下しました。 すでに国内需要の64.2%が輸入に依存しています。 経済産業省安全保障の懸念がない国でのチップ工場を誘致するために飢えている。

METI内の多くの関係者たちは、工場や高付加価値の研究開発機能が日本に残るべきという立場をとっている。

去る5月に発足した自民党内の大会でチップ戦略に焦点を合わせて行われている様子も注視している。 会員は、「合併後の会社が同じ投資で日本企業に残るなら歓迎する」と本社を米国に移転することは容認できないという信号を送った。

中国は国内の半導体の割合を70%まで引き上げるため莫大な補助金を支給している。 米国産業界によると、先進の工場の建設や運用コストは、中国が30%以上安くし、このうち半分は、公的資金である。

一方、日本とアメリカは、生産を台湾に依存している。 台湾は先進的な論理半導体生産能力の90%以上、全半導体生産能力の20%以上を占めている。 中国が島の軍事的圧力を強化により、米国と日本は、代替を見つけるという圧力を受けている。

READ  [미국 시황]S&P500が下げ幅縮小、政府機関の閉鎖を防ぐに - 原油反落 - Bloomberg

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close