トップニュース

日本にまた大雨予報、地すべりリスク、洪水リスク

日本気象庁は、日本の一部地域で木曜日から北部と西部沿岸地域に特に地すべりと洪水の危険がある大雨が降ると予想した。

気象庁は低気圧から伸びてきた電線が東海に向かって南に移動すると予想され、警戒を要請した。

2022年8月13日、台風メアリーが東京に近い日本太平洋沿岸に近づくにつれて、男性が日本中部都市浜松で大雨の中を歩いています。 (刑務所)==刑務所

日本の気象庁は、電線が水曜日を通じて日本北部から東部に移動し、木曜日には西に移動し、暖かく湿った空気と衝突して不安定な大気条件を作ると予想した。

日本北部北海道では火曜日1時間に40mmを超える大雨が記録され、時間当たり80mmを超える集中豪雨が降ることができると気象庁が明らかにした。

北海道では午前中に3,600世代6,500人の住民に避難が要求され、主要道路の一部区間が閉鎖されました。

水曜日の朝までの24時間の予報によると、北陸地域は200mm、東北地域は180mm、北海道地域は150mm、近畿、中国、北部九州地域は120mmの雨が予想されます。

以後、24時間の予報では北陸と中央国に100~200mm、近畿と北部九州に100~150mm、東北に50~100mmの降雨量を予想した。


関連する適用範囲:

台風の盛り上がりが日本太平洋沿岸に上陸した。

大雨で8人が死亡、6人が行方不明

焦点:放射性福島水の蓄積が遅くなり、日本のための休息


READ  星条旗 - 日本の海上自衛隊、潜水艦でアクティブソナーの使用の検討

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close