日本のキシダ、生成AIのグローバル規制フレームワークを公開

Estimated read time 1 min read

パリ(AP) – 岸田ふみお(Kishida Fumio) 日本首相は、木曜日に生成AIの規制と使用のための国際フレームワークを公開し、急速に発展する技術に対するガバナンスに対するグローバルな努力を追加しました。

岸田首相はパリに本部を置く経済協力開発機構(OECD)演説でこのように明らかにした。

Kishidaは、「ジェネレーティブAIは、世界をより豊かにするための重要なツールになる可能性があります」と述べました。 しかし、「私たちは虚偽情報の危険性など、AIの暗い面にも対処しなければなりません。」

日本は昨年、主要先進国7カ国議長国を務めたとき、AI開発者のための国際指針と行動規範を作成するために広島AIプロセスを開始しました。

一部の49カ国と地域が広島AIプロセスフレンズグループ(Hiroshima AI Process Friends Group)という自主的なフレームワークに加入したと岸田氏は述べた。 彼らは、生成されたAIのリスクを解決するための原則と行動規範の実施に取り組んでいます。

欧州連合、米国、中国などの多くの国々は、AIの規制と監督を確立するために競争しており、国連のようなグローバル機関はそれを監督する方法をめぐって苦労しています。

READ  Xbox、Nintendo、またはPlayStation:まだ重要ですか?
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours