エンターテインメント

日本のソフトバンクが発表したライカフォン

SoftBankは日本市場にライカブランドの携帯電話を発表しました。 ライカは、以前に電話のカメラシステムに名前を借りてきたが、このライツフォン1は、ライカブランドと象徴的な赤い点がスマートフォンで優先順位を占めたのは今回が初めてです。

もちろん、カメラシステムは、このような装置で最も重要なものであり、ここのハードウェアは、確かに特異ます。 20メガピクセルの1インチセンサー(すべての携帯電話の中で最も大きい)に19mmに対応するf / 1.9超広角レンズが装着されており、他の焦点距離でデジタルズームを使用する必要があります。

それおなじみのように聞こえSharpは1ヶ月前に同じことを発表しました。 Aquos R6は同じLeicaブランドのカメラシステムがあります。 Leitz Phone 1は、はるかに大きく見える長いが、120Hz Pro IGZO OLED画面のような他の仕様も一致します。

Leitz Phone 1用のバンドルアクセサリー。

一方、Aquos R6は、レンズキャップとのマッチングケースが付属していません。

SoftBankはAquos R6もLeitz Phone 1と一緒に販売されており、両方の電話機の類似性を隠そうとしません。 代わりにライカカメラをしたい人のためのモデルとしてR6を、ライカのハードウェア設計を重要視する人のためのライツフォン1を位置決めします。 さらに、既存の製品を赤い点で修正することもライカの伝統をよりよく保つことが何でしょうか?

Leitz Phone 1お取り寄せが、明日、日本で開始されます。 価格は187,920円(約$ 1,700)です。

READ  ライプツィヒ開催後指揮バイエルン| キャンベラタイムズ

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close