日本のチップベンチャーであるRapidusは、生産を開始するには540億ドルが必要だと会長は述べた。

Estimated read time 1 min read

東京、2月20日(ロイター) – 日本国営半導体ベンチャー・ラピダス(Rapidus)が2027年頃、高級ロジックチップの大量生産を開始するには約7兆円(540億ドル)の税金が必要となると東鉄郎(Tetsuro Higashi)会長は木曜日のロイターに語った。 。

地政学的緊張が高まっている中で、日本と米国が中国と競争するために長い産業競争をしているので、その計画は日本が老朽化した半導体産業を復活させる最後の機会かもしれません。

「過去に、アメリカは日本のチップ産業の成長を妨げていました。今、私たちはアメリカの支援を受けています」と東側はインタビューで語った。

日本と米国は、中国との摩擦が経済成長を脅かす可能性のある半導体不足につながることを懸念しています。

中国がアメリカの政治家の自治島の訪問に怒った後、近隣で軍事訓練を実施し、中国がグローバルチップハブ台湾への圧力を高めるにつれて、この懸念は高まっています。

最新のアップデート

2つの物語をもっと見る

2ナノメートル

日本と米国が半導体技術分野で協力することに合意した後、Rapidusは12月にIBM Corpと提携を発表しました。 (IBM.N) 2ナノメートルチップを開発して製造します。

ナノメートルは10億分の1メートルで、数字が小さいほど先端チップです。 日本の最先端半導体工場はルネサスエレクトロニクスが所有する40ナノメートル工場 (6723.T)

Rapidusは3月に最初の工場位置を発表するとHigashiは言いました。

チップマシンメーカー東京エレクトロンの全社長 (8035.T) どこであるかは明らかではありませんが、TSMC(Taiwan Semiconductor Manufacturing Company Ltd.)(2330.TW) 最近初の日本工場に選ばれました。

工場費用を支払い、生産設備を購入するために、Rapidusは日本政府の継続的な投資を必要とします。

Toyota Motor CorpなどRapidusに少額持分を保有する8社 (7203.T) とソニーグループ株式会社 (6758.T)すぐにお金を持ち上げるようには思えないと東方は言った。

「彼らは将来の顧客です。彼らにとって、私たちの技術と生産計画を評価することができれば、投資決定が下されます」

($1 = 128.6400円)

チームケリー、吉文武本、幸子豊田記者。 Robert Birselによる編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  AirPods Pro 2 レビュー - MacRumors
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours