トップニュース

日本のデジタルドラッグ| 東アジアのフォーラム

著者:ANU編集委員会

昨年5月まで、日本の保健所では COVID-19事例の筆記レポートを送信するファックス機 保健省に。 レポートはすぐにオンラインで運ばれたが、この問題は、日本が署名や署名を要求していない場合は闘争をよく示しています。 傷上げる 承認のために、実際の紙にスタンプ。 ハイテクイメージにもかかわらず、日本は、ハードキャッシュの広範な使用とデジタル決済の採用を敬遠するなど、まだ紙ベースのアナログ社会です。

デジタル時代にした国が新たなデジタル技術を採用して採用することができる程度は、経済の変化のための能力の決定的な要素となった。 デジタル技術を使用して革新することができる能力は、COVID-19大流行の開始とともに、新しいレベルの緊急に到達しており、大流行の衝撃を吸収し、外経済の傾向を大きく予測されます。

ほとんどの政府は、デジタル競争力を確保してそのためにかなりの資源を投資することを熱望するが、彼らの努力が常に成功にはつながらない。 デジタル環境をナビゲートすることができる国の能力が必ずしも経済的比重や技術力と関連があるわけではない。

日本が良い例です。 世界3位の経済規模と技術開発のリーダーとして長い歴史にもかかわらず、最近では27位に過ぎました。 IMD世界のデジタル競争力順位 – 国がデジタル技術を使用する方法についての調査。

これは日本を抜いて21位になったエストニア語の小さいノートとは対照的です。 限られた人的資源に支えられ、エストニアはデジタルの世界に急速に適応しており、デジタルの世界での競争優位性を確保しました。 サイバーセキュリティ分野の世界的リーダー。 これは、順番エストニアのが大流行、世界で迅速に適応できるようにしました。

今週リード記事でRichard Katzは、日本がデジタルの世界に適応できなかった理由を説明します。 彼確認重要な問題は、日本の企業がICT(情報通信技術)を使用するために、ビジネスの俊敏性が不足していることです。

彼は「ほとんどの日本企業は、主に在庫管理のように、すでに実行中のタスクを自動化してコストを削減するためにICTを使用します。 しかし、彼らはICTの可能性を活用して、企業運営方式を革新しました。 これらの技術は、理想的には、企業が「電子商取引を介して、より多くの顧客やサプライヤーに到達」して「ビッグデータとインターネットを使用して新製品を開発し、古い製品を改善」することが必要です。

Katzはまた、ソニーのようなアナログ時代のチャンピオンが変化する時代に、ビジネス慣行を適応していないことを強調します。 このような「チャンピオン」は、非常に成功し続いて会社が懸命に働いても、変化しにくいと思う深みのある考え方を持っています。 これらの企業は、ビジネスモデルを改善しようとする新入社員を雇うか、または促進していません。 日本を代表する企業の上級管理の約82%が他の会社で働いたことがありません。 ドイツでは、この比率が28%であり、米国では19%に過ぎません。

デジタルの世界では、日本の遅れ成果の結果は異なります。 低迷した経済と急速に減少する人口のために、ビジネスの成果を向上させるために、商業を再活性化する必要性がさらに急務となっています。 「他の技術システムは、他のビジネスの機関を作成して要求します。 状況が変われば、機関も変わらなければします。 そうでなければ、昨日の強みは、今日の弱点となって、経済成長が鈍化します。 」とKatzは主張します。

在宅勤務への転換がほとんどの国でCOVID-19の拡散を軽減するための一般的な戦略だったが、多くの日本人労働者は進展がなく、在宅勤務をすることができないオフィスで強制的に復帰しました。 会社や職場のデジタル化。 これCOVID-19が日本での拠点を維持して、公衆衛生を脅かして差し迫った東京オリンピックの準備を阻害する理由の一つです。

デジタル技術革新に対する日本の揺れるアプローチは、1970年代と1980年代急増する経済成長を促進した資源と技術革新とは距離が遠い。

今日の日本の政府と企業のリーダーがデジタル革命に影響を与える可能性がある場合は、契約労働力の生産性をより迅速に高めることを含めて、国の多くの経済問題を軽減するのに役立ちなるでしょう。

Katzは、次のように推測します。 「日本が復活したい場合は、米国の有名な自動車広告をパラフレーズするために、「これは父の経済ではない」ということを認識する必要があります。

人口が予防接種を受けて、社会がCOVID-19で新しい人生の上に戻るようになったら、日本と世界中の多くの職場で大流行期間中に行われた多くの進歩をキャンセルする可能性が高く、労働者は、過去の慣行を利するし復活させてください。 長く混雑通勤が戻ってきて、管理者は、出力と生産性ではなく、オフィスでの時間に基づいて入力に再び職員を監視します。 その理由の一つは、デジタル化が不足して新しく、より効率的で柔軟なシステムに適応するタスクを処理していなかったからです。 それを逃した機会であり、伝染病の銀境界のいずれかを戻すのに役立ちています。 今では、日本が業務慣行を再創造して再び革新を主導し、社会をより良く変化させる時です。

EAF編集委員会は、オーストラリア国立大学のアジア太平洋大学、Crawford School of Public Policyにあります。

READ  日本の執権恋心は見えるほど安全ではない

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close