理科

日本のトップCOVIDアドバイザーは、新たな隔離期間を議論する価値があると述べた。

近江重慶日本コロナ19首席補佐官は、日曜日、コロナ19患者と密接に接触した人々に対する隔離期間をさらに短縮する案を検討し始める時だと述べた。

近江博士は現在、一般人の場合は7日、必須労働者の場合は5日の隔離期間がウイルスのオミクロン変種ウイルスの潜伏期が短いことが知られているため減らすことができると提案した。

近江しげる。 (刑務所)

近江はNHKテレビ番組で「もっと柔軟に議論を始める時だと思う」と語った。

1か月以上日本は、オミクロンの急速な拡散による別のCOVID-19感染に対処するために苦労しています。

しかし、日本政府は、変種の科学的証拠と感染抑制と社会機能維持のバランスを維持するという要望に照らして、段階的に制限を緩和しました。

岸田文雄首相は3月1日、入国制限を増やし、検疫期間を日本人と外国人とも7日から3日に減らすなど国境統制を緩和すると木曜日明らかにした。

11月末から施行された日本の非居住外国人入国禁止措置は科学に基づくことなく強すぎるという理由で財界指導者たちと学生たちの非難を浴びました。

来月から、日本の新規参入制限は現在3,500人から1日5,000人に設定されます。 1日の限度内で外国人も観光以外の目的で入国できます。

岸田首相は去る1月末、コロナ19密接接触者に対する隔離期間を7日にさらに短縮することを決定した後発表した。

これに先立ち、1月中旬政府は期間を14日から10日に短縮したが、業界ではオミクロンの特性を考慮して追加の短縮を要求した。

しかし、土曜日のCOVID-19による毎日の死亡者数は、5日連続で200人を超え、史上最高水準にとどまり、国は81,621件の新しい感染症例を報告した。

政府は最近、大阪・京都・福岡など17の都道府県で3月6日まで準緊急事態を延長した。

今回の延長は、日本の47の都道府県のうち、31の都道府がレストランやバーを早く閉めて主流の販売を中断することを知事が要請できるようにするなど緊急措置を続け続けるという意味だ。

日曜日のようなテレビ番組で、日本の医師会会長の中川智夫も楽観論について警告した。 彼は、元の株よりも感染性が高いと言われているBA.2として知られているオミクロンのサブタイプによる地域社会感染が増加する可能性が高いと述べた。

中川は「(感染者数)徐々に減少するよりも増加し始めるだろう」と語った。

READ  クワッドリーダー、チップのサプライチェーンの確保を促す

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close