スポーツ

日本のナオミ大阪はまだトーナメントに参加する予定だと、主催者 – スポーツニュース、Firstpost

23歳のグランドスラム4回の勝者はフレンチオープンで脱退した後、うつ病や不安と戦いながらゲームで時間を出していると述べた。

ナオミ大阪のファイルのイメージ。 AFP

ロンドン: ウィンブルドン主催側は、日本のスターナオミ大阪が今月末に始まるグランドスラムイベントにまだ参加する予定であり、彼女がそれをスキップすることの兆候を明らかになかった言いました。

23歳のグランドスラム4回の勝者はフレンチオープンで脱退した後、うつ病や不安と戦いながらゲームで時間を出していると述べた。

しかし、水曜日に来るイングランドクラブ最高経営責任者サリーボルトンは、大阪の状況が6月28日に開始されたチャンピオンシップにあると述べた。

Boltonは「私たちは、彼女のチームに連絡したが、ナオミとは会話していません。」と言いました。 「この時点で、彼女はチャンピオンシップに参加し、私たちは、彼女が競合しないことを確認を受けませんでした。」

トーナメントディレクターであるJamie Bakerは発生する可能性のある問題を議論するために電話回線が常に開いていること、大阪側近に語っました。

ベーカーは「私は彼女のチームとの会話を交わした。

「私たちがここにいるということは、絶対に明らかにします。私たちは、彼らがそれをするとき、すべての議論に対して完全に開いている。私たちは、どんなことがあっても最高の選手たちが、ここでの競争をしたいのは、言うまでもありません。」

世界2位の大阪はフレンチオープンで脱退した後、注目を集めています。

彼女は15,000ドルの罰金を受けローランド横ス(Roland Garros)で義務的なメディアの約束を守ることを拒否した後、失格の脅威を受けました。

フレンチオープン主催側は、自分が重い手で告発された後、彼女を「注意と尊敬」に大した抗議した。

大阪は2017年と2018年ウィンブルドン3回戦で敗れて2019年第1戦で敗れた。 昨年のトーナメントは、次のような理由でキャンセルされた。 コロナウイルス

READ  「その盗塁失敗で流れが一気に傾いた "元鷹コーチが分析両軍の考えは? | Full-Count

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close