スポーツ

日本のマコ姫、平民と結婚、王室の地位を失うニュース、スポーツ、採用情報

AP

秋野皇太子と紀子皇太子の大きな娘である日本元真子姫(右)と夫ゴムロケイが26日、日本東京のあるホテルで開かれた結婚発表記者会見でお互いを眺めている。 2021.元真子姫は、新しい義母との財政紛争のために3年遅れた後、世論が分裂した労組で火曜日の平民と結婚し、王室の地位を失いました。 (AP経由のNicolas Datache/水泳場の写真)

TOKYO(AP) – 日本のマコ姫は、火曜日の伝統的な結婚式の行事なしに平凡な庶民と静かに結婚し、3年延期され、一部では反対する彼らの結婚が「私たちの心を大切にして生きるために必要な選択でした」と話しました。

Kei Komuroとの結婚によって、Makoは王室の地位を失った。 彼女は初めて城を持つようになった夫の城を受けました。 ほとんどの日本人女性は、結婚した夫婦ごとに1つの姓を求める方法のため、結婚時に自分の姓を放棄する必要があります。

宮内庁は二人の婚姻書類が火曜日午前、宮殿管理から提出され、公式化されたと明らかにした。 二人のための結婚式の宴会や他の結婚式はありませんでした。 所属事務所は多くの人々が彼らの結婚を歓迎しないことを認めた。

「私にとって、ケイさんは大切な人です。 私たちにとって、結婚は心を大切にし、生きるために必要な選択でした。

小室は「私は真子を愛する。人生は一度だけで愛する人と一緒に過ごしたい」と話した。

彼は「真子さんと暖かい家族になることを願って、今後も最善を尽くして彼女を応援するだろう」と話した。

真子は先に皇室を離れながら受け取ることができる1億4000万円(123万ドル)の支払いを拒否したと宮廷管理者たちが伝えた。 彼女は第二次世界大戦以来初めて対価を受けられなかった皇室家族であり、結婚に対する批判のためにこれを選択した。

結婚3日前に30歳になった真子は、ナルヒト天皇の甥だ。 東京国際キリスト教大学の同級生だった彼女と小室は2017年9月翌年結婚する予定だと発表したが、2か月後、母親に関連する財政的紛争が浮かび、結婚式は中断された。

火曜日の朝、真子は淡い青のドレスを着て花束を持って宮を去った。 彼女は大邸宅の外で両親である秋野皇太子と紀子皇太子と妹加子にお寺をして姉妹たちはお互いを抱きしめました。

二人は記者懇談会で真子が直接答えることに不便を示したので質問に答えなかった。 代わりに、彼らは母親の財政問題を含む、プレスで提出された質問に書面で答えを提供しました。

Makoは、今月初めに宮殿医師が結婚、特にKomuroに対する攻撃に対する否定的なメディア報道を見た後に発達した一種の外傷性ストレス障害で説明したことから回復しています。

Makoは、質問の1つに対する書面での回答で、「偽の情報が事実として受け入れられ、根拠のない話が広がり、私たちは怖くて怖くて悲しい」と述べました。

紛争は、彼の母親が元婚約者から受け取ったお金がローンなのかプレゼントなのかということです。 真子の父親は小室に解明を要請し、彼を弁護する声明を書いたが、紛争が完全に解決されたかどうかは依然として不確実である。

ゴムロ(30)は2018年に法学を勉強するためにニューヨークに出発し、先月日本に戻った。 当時、頭をポニーテールで結んだ彼の姿は、伝統にとらわれた皇室姫と結婚する人の果敢な発言で注目を浴び、批判だけ加重された。

二人は新しい生活を始めるために一緒にニューヨークに引っ越す予定だ。

東京の多くの人々が彼らに幸運を祈ります。

「おめでとうございます。」 会社員鈴木康弘が言った。 「アメリカ人が彼らを歓迎してくれることを願っています」

鈴木健子の引退者は、ニューヨークでの生活は人々の世話をすることなく生きなければならないので、大変なことになると言いました。 それで私は彼らを応援しています」と言った。

真子は「新しい人生を始めながら、いろいろな困難があるだろうが、これまでそうであったように一緒に歩いていく」と応援してくれた皆さんに感謝の挨拶を伝えた。

Makoは精神的健康問題に言及したようです。 「多くの人が心を守ろうとするのに苦労して傷つきます。」 彼女は「私たちの社会がより多くの人々の暖かい助けと応援で心を守りながら生きることができる場所になることを心から願う」と話した。

真子は宮殿内外の攻撃で精神健康が麻痺した唯一の女性王族ではありません。

元秋人一王の夫人であり、近代史上初の平民である彼女のおばあちゃんの道子エメリタは、持続的な否定的な報道によって1993年に倒れ、一時的に声を失いました。

ハーバードで教育を受けた元外交官である正子皇后は、男性の後継者を産まないという批判のため、ほぼ20年間ストレスによる精神疾患を患っています。

一部の批評家は、真子の結婚は、日本の皇室の女性が直面する困難をよく示していると述べています。

真子の王権喪失は男性だけ受け継がれる皇室法のためだ。

男王族だけが呼命があり、女皇族は呼称だけで庶民と結婚すれば去らなければならない。

ナルヒト天皇の後に続くことができるのは、秋野と彼の息子の久仁王子だけだ。 政府が任命した専門家で構成されたパネルは、より安定した後継体制について議論しているが、報酬は依然として女性の後継を拒否し、女性が皇室を導くことを可能にしている。

___

APコミュニケーション記者田中中里さんがこの報告に寄稿しました。

ニュースレター

すでに毎日ニュースレターを受けている何千人もの人々と一緒にしてください。

READ  東京オリンピック:日本の2011年の女子サッカーワールドカップ優勝チームが聖火リレーの最初の聖火伝達がされる

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close