経済

日本のワクチンシニア、ゆっくり接種ドライブのための薬物の承認システム非難

日本の予防接種プログラム河野太郎局長は2021年2月16日、日本の東京でコロナウイルス(COVID-19)が発生する中で、医療従事者の予防接種を開始するための国家の準備に関する記者会見に出席します。 ロイタース/イッセイ加藤

日本のCOVID-19ワクチンの責任者は、夏季オリンピックの準備中に四番目の感染の波が懸念を呼んで起こしながら承認された注射一度のみに依存する遅い接種キャンペーンについて、厳格な薬物の承認システムを非難しました。

ワクチン担当大臣河野太郎(Taro Kono)はワクチン分散システムに対する国民の不満について責任をしたが、承認手続きが緊急事態で不利な点だと述べた。

Konoは水曜日TBS TVのインタビューで、「私たちが危機に瀕しているが、私たちは、普段と同じルールを使用してワクチンを承認している」と述べた。

「このコロナ状況の余波で政権が変わります。」

政府は7月末までに65歳以上の3,600万人のほとんどを接種することを目的としている。 ウイルスが全世界に広がり、昨年延期されたオリンピックが7月23日に開始される予定です。

これらの予防接種の目標を達成するために、政府は、現在の速度よりも約3倍高速の日に約100万件の注射を提供することを希望します。

危機の初期から、政府はワクチンの安全性と有効性を確保するための規制の段階をスキップないと言いました。 これは、国内の臨床試験と検討を完了するために数ヶ月かかることを意味します。

いくつかの他の国ではワクチンをより迅速に配布するために、緊急の承認を導入しました。

日本は米国より二ヶ月遅れの2月中旬にPfizer Inc(PFE.N)とBioNTech SE(22UAy.DE)が開発したワクチンを承認した。

多くの物流の問題と一緒に遅延が原因で、日本は人口の2.9%に過ぎず、豊かな国の中で最も低い率を記録した。

ファイザーは10月に日本の臨床試験を開始してワクチンを迎えるボランティア160人を募集しています。 国内規制当局ではまだ検討されているAstraZeneca PLC(AZN.L)は256人の被験者を対象にワクチン試験を早期に開始しました。 もっと読む

しかし、このように少ない数の人々を対象にした実験は、 “本当に意味がない」と、ボストンに拠点を置く、日本の医師であり、研究のTakahiro Kinoshitaは言った。

木下は、グローバル臨床試験では、遺伝子型の安全性を確保することができる十分なアジア人対象に含まれると述べた。

日本の試験、長い検討と遅いリリースはHPVや他の病気のために、以前の予防接種キャンペーンを弱体化させたワクチンに対する大衆の恐怖から来ている。

彼は「すべてがワクチン躊躇行動と関連がある」と述べた。

保健省と日本の主要薬物規制機関である医薬品や医療機器庁はKonoの発言に対するコメントを求めたとき、すぐに応答していない。

日本人の約75%がワクチン発売に不満を持っており、日本は水曜日に発表された世界的なコンサルティング会社であるKekst CNCが実施したアンケート調査で、6つの主要な経済国の中で、政府の大流行の処理承認率が最も低かった。

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  AirPods Maxが高いって? 高いですよね。 高価ですが。 | ギズモ・ジャパン

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close