日本の一部超高速列車で提供される個室

Estimated read time 1 min read

刑務所ニュース/ゲッティイメージズ

2021年12月29日、JR新大阪駅新幹線乗り場に乗客が並んでいる。



CNN

日本が愛する 新幹線列車 別のアップグレードを受けています。

2026年から東京、名古屋、大阪を結ぶ日本で最も混雑した路線である東海道線の一部列車は上層部に扉のある個室を持つようになります。

Japan Railの発表によると、「ライフスタイルと業務スタイルの変化により多様な顧客のニーズを満たすために」客室を追加しています。 客室を予約する理由には、「オンライン会議を希望するビジネスマン、プライバシーを重視するお客様、周辺に気を使わずにリラックスしたいお客様」などが含まれます。

プライベートスペースに加えて、Wi-Fi(Zoom通話に便利)、エアコン、アームチェア、調節可能な照明が備わっています。

新しいモデルが発売されると、列車につき2部屋があります。 東海道線のすべての高速列車でこのサービスを利用できるわけではありません。

日本鉄道

この写真は、個室の外観を示しています。

新幹線列車のファーストクラスで、より高価な車両であるグリーン車両に配置されています。 JRレールパスを購入した旅行者は、個室を利用するために追加料金を支払う必要があります。

東海道線は1964年に初線を見せた日本初の高速鉄道路線です。 現在まで時間当たり数回出発するなど、日本で最も活発に利用されている路線です。 この列車は285km / hr(177mph)の速度に達することができます。

価格と予約情報はまだ提供されていません。

日本の高速列車は、長い間、地元の人や訪問者の両方に人気を集めました。 しかし、最初のリリース以来、変化の時期を経験しました。

昨年は東京・大阪線のスナックサービスが終了するというニュースがありました。 オンラインで交錯した意見に触れる

そして彼らの有名なタイムリーなスケジュールは、今月初めに珍しい例外に出会いました。 ヘビが発見されました 大阪行きの新幹線列車で新幹線の出発が17分遅れることが発生しました。

編集者注:CNNのJunko Oguraが報道に貢献しました。

READ  大谷、ダルビッシュ、鈴木、日本ワールドベースボールクラシックチーム
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours