日本の京畿行動指数は、景気勢いの弱体化により下落

Estimated read time 1 min read

木原レイカ

東京(ロイター) – 日本経済の健全性を測定する指数が金曜日の政府資料によると2月2ヶ月連続下落したが、これは日本が第4四半期の景気低迷をかろうじて避けた後、勢いが弱まる兆しでした。

政府は2019年2月以来初めて指数に対する評価を下方修正し、今後の金利引き上げに対する中央銀行の審議を複雑にすることができる日本経済回復の脆弱性を強調しました。

2月の京畿東行指数は110.9で、前月比1.2ポイント下落した110.9を記録した。

これは輸出と工場生産不振によるもので、自動車生産の支障による余波が拡大していることを示唆する。

政府は「指数が下落局面に移動している」と評価を下方修正し、ここ数カ月間に経済が好況と不況の頂点に達した可能性があることを暗示すると明らかにした。

日本の2月の工場生産量は、トヨタ自動車と小型車会社のダイハツ(Daihatsu)の生産・出荷支障により予想外に減少し、これは日本製造業分野で大きな影響力を持っており、経済全体に負担をかける可能性があります。

賃金上昇率がインフレ率を上回る前に、生活費の上昇が家計に影響を及ぼし、消費も依然として弱い。 これにより、一部のアナリストは、日本経済が第1四半期に縮小すると予想しています。

日本の第4四半期の国内総生産(GDP)の数値が当初の0.4%萎縮からプラス0.4%の年間成長率に修正され、技術的不況を避けることができるようになりました。

上田和夫日本銀行総裁は、金曜日の朝日新聞とのインタビューで、最近の弱気は一時的な可能性が高く、経済が傾向的に緩やかに回復しているという日本銀行の見解には変わりがないと述べた。

(記者:木原レイカ、追加取材:竹本善文、編集:ジェイミーフリード)

READ  日本、テロとの戦争のために行くサポート
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours