トップニュース

日本の同一ロットで、より多くのファイザーコロナウイルスで物質を発見

東京とその周辺のファイザー(Pfizer Inc.)のCOVID-19ワクチンの多くの未使用バイアルで白質が発見され、すべての前日報告されたのと同じロットで出た地方政府が水曜日発表した。

FF5357ロットに属する白色浮遊物が入れられたバイアルが東京西部日野と埼玉県川越の予防接種の場所で発見されました。 火曜日神奈川県相模原市と鎌倉市と大阪府堺市で発表した報告書に続くものである。

写真は2021年2月19日、日本の北部、北海道岩見沢の病院で、ファイザー社のコロナ19ワクチンバイアルを示しています。 (教徒)==教徒

ファイザーの日本子会社は、水曜日の記者会見で、完全に溶解されていない成分である可能性があるが、問題はワクチンの安全性や品質に影響を及ぼさないと明らかにした。

会社によると、白色浮遊物が希釈されると、溶解されると、投与量を安全に投与することができ、9月5日現在95個のバイアルを追加して、この物質が含有されたものと見てました。

同社は現在、影響を受けたロットからワクチンの成分を調査していると述べた。


関連の適用範囲:

東京・大阪近所の市ファイザーワクチンで汚染物質を発見


READ  オリックス竹安優れた知恵もコロナ陽性2群とも自宅待機 - プロ野球:日刊スポーツ

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close