日本の宇宙局、天候により新型H3ロケットにアップグレードされた観測衛星発射延期

1 min read

山口まり、AP通信

1日前

ファイル – 日本航空宇宙探査局(JAXA)のロゴが2024年2月16日、鹿児島県南谷根町にある玉島宇宙センターで見られます。 日本宇宙局は2024年6月28日金曜日、今週末に発射する計画だと明らかにしました。 新しい主力H3ロケットの衛星は、予想される悪天候のために月曜日まで延期される予定です。 (刑務所通信AP、ファイル)

東京(AP) ― 日本宇宙航空局は金曜日、今週末に新しい主力ロケットであるH3を利用して衛星を発射する計画でしたが、悪天候のため月曜日まで延期されると明らかにしました。

日本航空宇宙探検局(JAXA)は、ロケットが日本南西部の島の鹿児島宇宙センターの発射場に移される土曜日の夜、雨と雷が予想され発射を延期し​​たと明らかにした。

元々発射は日曜日に予定されていました。

ロケットには、国防省が開発した赤外線センサーを使用して、災害対応や地図作成のための地球観測やデータ収集だけでなく、ミサイル発射などの軍事活動監視を主に行う先端陸上観測衛星ALOS-4が装備されています。 キャビネット。 ALOS-4は、現行のALOS-2の後続モデルで、はるかに広い領域を観察できます。 日本はしばらく両方を運営する予定だ。

今回の打ち上げはH3の3回目の打ち上げで、1年前にロケットに搭載された衛星(ALOS-3で予定されていた)とともに破壊されなければならなかった衝撃的なデビュー飛行に続き、2月17日に首尾よく打ち上げられました。

日本は、安定的で商業的に競争力のある宇宙輸送能力が国の宇宙プログラムと国家安全保障にとって重要であると考えています。

JAXAと主要契約会社である三菱重工業は、2回の飛行をさらに終えた後、退役する予定の現在主力H-2Aの後継機としてH3を開発してきました。 MHIは最終的にJAXAからH3の生産と発射を買収する予定であり、発射コストをH-2Aの約半分に減らし、商業的に実行可能にすることを願っています。

READ  NASA、独創性ヘリコプターで火星で「エイリアン」の残骸を発見
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours