技術

日本の巨大農業企業、イスラエルの技術革新企業とのパートナーシップを締結

日本の農業機械大手のKubotaは3月14日、イスラエルの大手agtech革新ハブKinneret Innovation Center(KIC)と革新的な技術ソリューションを特定し、実装するために、多国籍企業と協力する戦略顧問会社であるImpact Innovation Israelと連携することを発表しました。

この発表は、日本の会社が、イスラエルの生態系での活動を開発しようとすることにより、Kubotaが、最近、イスラエルagtech新興企業Tevel RoboticsとSeeTreeに投資した後、続いてました。

Kubota Innovation Center EuropeのゼネラルマネージャーであるPeter van der Vlugtは「イスラエル継続的に存在することにより、私たちは、最初に魅力的な取引にさらされ、新しいトレンドと開発状況を把握できるようになります。」と言いました。 Kinneret Innovation CenterとImpact Innovation Israelのチームがあり、イスラエルの生態系への私たちの参加と参加を拡大することを期待しています。 “

KICとImpactはKubotaへの投資機会を探して、イスラエル生態系と接続されます。

Elad Shamir CEOは「Kinneret Innovation Centerのユニークな位置と全体的なアプローチは、私たちに素晴らしい洞察力と機会を含む継続的なデューデリジェンスのツールを提供しています。」と言いました。 「私たちは、Kubotaとパートナー関係を結んで、彼らは、イスラエルの技術に賢明かつ効果的に投資することができるようになって嬉しいです。」

Impact Innovation Israelの創設者Ethy Levyは「イスラエルの久保田の存在は、120年以上の経験と専門知識を共有するので、生態系に大きな助けになるだろう」とし「私たちは、日本の投資家のイスラエルの市場への関心が増加していることを見ました。ここ数年の間に久保田の発表は、日本 – イスラエルの関係で大きなマイルストーンです。」

READ  iPhone 13(仮称)は、最終的にノッチの高さが縮小するとの噂 - Engadget日本版

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close