スポーツ

日本の時代を超越した浴衣は、伝統と現代的な感覚が調和しています。

TOKYO – 5月初め、賑やかでファッションに敏感な東京エリアである渋谷で音楽コンサートが多様な年齢の人々を引き寄せました。

出席者はシングルからママと娘、既婚カップルまで多様でした。 しかし多くの人々には一つの共通点がありました。 浴衣、 または夏の着物。 イベントに色を加えただけでなく、入場料割引も受けました。

彼らが着たデザインは、目を引くサメ、ヒョウ、チェーンパターンが印象的でした。 多くの人がブーツ、ハイヒール、その他の西洋の靴のようなユニークな方法で浴衣を飾りました。 それにもかかわらず、多くの人々が浴衣に伝統的なタッチを維持する 博多織 または他の和風 オビ ベルト。 伝統的な要素と新しい要素の組み合わせが際立っています。

東京に住む会社員である三河深川は、約1年前から定期的に浴衣を着始め、今はおばあちゃん、叔母などから受け取った浴衣が50以上あります。 彼女は「多くの友人が方法を学ぶと着ることに興味がある。私は多くの人々をこの世に導いた」と笑いながら話した。

浴衣は季節祭、寺院祭、花火大会など日本の夏のイベントでよく見られます。 しかし、これらの会議のためのCOVID-19の制限のため、ここ数年で浴衣を着た人々を見つけるのは難しくなりました。

しかし、ファンデミックは、伝統と革新の浴衣スタイルのバランスを保ち、自分を表現するファンの増加を防ぐことはできませんでした。

ピンクとイエローの華やかなデザインが目を引く。 右は浴衣パターンに合わせた女性スポーツイヤリング。 (写真:井上秋吉)

浴衣の役割は時代によって変わってきました。 「浴衣」という言葉は言葉の組み合わせで起源を追跡するという。 ゆう (「お湯」)と カタビラ (「麻衣類」)。 鎌倉時代(1192-1333)の貴族たちが着ていた 浴衣ヴィラ 歴史家によると、蒸気浴をするときに肌を保護し、汗を吸収します。 室町時代(1336-1573)に衣服は ミヌグイ (「ボディワイパー」)主に汗を取り除くために着用してください。

江戸時代(1603-1867)には安い綿の普及で平民が主に浴衣をパジャマで着たり家庭服で着ることができました。 上村昭園の1913年の日本画「ほたる」(「ホタル」)は、パジャマで着る浴衣を見せてくれます。

最近では、昭和後期(1926-1989)に寺院祭り、花火大会などのイベントでおしゃれな屋外衣装で浴衣が流行しました。 明るい夏の着物の最新のルネサンスは、2019年に始まった現在のレイと時代に始まったようです。

日本中部の名古屋県にある有松市は江戸時代を連想させます。 日本の歴史に記録された旅行者の道である旧東海道道路の跡に沿って見ることができます。 有松シボリ 江戸時代からこの地域で生産された染色布です。 布を染めた後に染める技術 くくり ねじれ、束ねるか糸で縫うプロセスは、色合いのコントラストを作成します。

有松シボリ商工協同組合の成田元代表は「有松シボリでは伝統的に約100種類のタイダイ染め方法が使用され、70以上が依然として施行されている」と述べた。 これは、日本だけでなく世界中で単一の染色方法として使用されている離散タイダのこの技術の中で最も多く、Naritaは言った。

その中で最も難しいことの一つは テグモシボリ、 クモの巣パターンを作成するために使用されます。 浴衣を作るのに必要な長さ約13メートルの布をくくり束ねる工程を完了するのに1日8時間ずつ1ヶ月かかります。 職人は強い指と忍耐が必要です。

「テグモシボリ」は、最も難しい有松シボリ技法の一つです。 (写真:井上秋吉)

現在活動しているククリ職人は約120人に過ぎませんが、多くの人が以前の職場で引退した後、60代に工芸を始めました。 91歳のHitomi Takahashiはこれに関して先駆者であり、60歳で見習いになりました。 彼女は現在、最高のテグモシボリの専門家と見なされています。 高橋のような職人は伝統的なタイダ工芸を保存していることが知られています。

日本海沿岸の新潟県小千谷市で 小千谷千知 麻の生地は、春先の澄んだ風のない天候で新鮮な雪の上に広がります。 の実践 雪崎市 (「雪の露出」)江戸時代からこの地域の季節的な特徴でしたが、今日では生産量の減少と大気汚染のためにほとんど見られません。

Yuki-sarashiは、プロセスが生成するオゾンの漂白効果を利用しています。 織物のアーティストである高久一口によると、オゾンは雪が日光に蒸発すると布の繊維を通過します。 古代の人々は、自然の漂白が布を白くする方法を理解しましたが、その背後に隠された科学を理解したかどうかは不明です。

小千谷千治は、浴衣を作るために使用される最高級の材料の一つです。 風通しが良く、肌にくっつかず、すぐに乾きます。 浴衣は四角い布を縫うだけで済むので再使用が簡単です。 多くの人が引き出しに長く保管されていた浴衣をドレス、スカート、その他の衣服に変換します。 そのため、浴衣の時代が終わった後も生地をリサイクルできます。

樋口高志(左)が3月に新潟県小千谷で目に「小千谷シボリ」生地を露出させている。 最近は実践をほとんど見ることができません。 (写真:井上秋吉)

環境にやさしい用途に使用されている長い歴史を持つ古い浴衣は、木版画によく描かれていますが、かなり珍しいです。

江戸時代に浴衣は人々が1日3回着替えて繰り返し洗濯するため、一般的に夏のシーズンが過ぎると着ることができなくなったと東京の歴史ある浴衣店である筑泉の小川文夫(Fumio Ogawa)社長が言いました。 彼らは最終的にパジャマ、おむつ、顔の布、ほこりなどになると彼は言った。

徳川家の大原支部のコレクションを所蔵している名古屋の徳川美術館には、日本最古の33の浴衣があります。 徳川幕府の創始者であり、初代将軍の徳川家康が死亡したとき、大家族に遺品されたものの一つです。 その中で最も有名なのはカニがたくさん描かれた浴衣です。

博物館のキュレーターであるNashiki Masashiは、この浴衣が「非常にまれなもの」と言いました。 なぜなら、家族の領主が着るものがないからです。 彼は「藩主浴衣もパジャマで着たら部下に渡したり、他の用途で使用したため、完全な状態で残っている場合がほとんどなかった」と話した。

長田チューガタ江戸時代に開発された浴衣の代表的な染色技術が東京郊外で引き続き行われています。 「ナガイタ」は「ロングプレート」を意味し、「チュガタ」は「中サイズ」パターンを意味します。

「nagaita chugata」染色を使用すると、埼玉県八潮にある東尾大間のスタジオに見られるように、ボードの上に伸びた布に染料抵抗ペーストを塗布します。 (写真:井上秋吉)

この技術は、長い板の上に布片を伸ばし、その上にパターンテンプレートを置くことを含む。 染料耐性ペーストをテンプレートの両面に適用する。 乾燥後、布をインディゴ樽に浸し染めます。 ペーストが洗い流されると、パターンが白く表示されます。

手で染めたパターンは、印刷されたパターンとは異なり、一つ一つの深さと変形があります。 熟練した職人が染めたパターンを詳しく見ると、ステンシルが結合する微細なミスアラインメントが現れます。 天然顔料を使用する場合、ロールに保管すると色が微妙に変わります。 これらの変化が品質低下の兆候であるか、時間のエレガントなタッチの兆候であるかは、着用者が決定する必要があります。

READ  サッカー - 森安は、日本が中国を相手に反発することを願いながら、肯定的な雰囲気を望んで

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close