トップニュース

日本の株式市場は、景気反発希望に取引を終え

東京、3月9日(ロイター) – 日本の証券市場は、火曜日に、投資家がCOVID-19大流行による経済回復の利点を期待しながら消費財企業と不動産開発を買い取りながら取引を終えました。

日経225指数は0.99%上昇し29,027.94を記録した。 より広いTopixは1.27%上昇した1,917.68を記録しました。

消費者景気循環と不動産会社は、国内経済の回復速度が速くなるに応じて、セクタがよりよく実行されるという楽観主義に支えられ、利益を後押ししました。

一部の投資家が3月31日会計年度締め切り前に利益を記録し技術株価早期取引で下落したが、全体的な情緒がまだ肯定という信号ロイ部門は堅調に転じました。

Sumitomo Mitsui Trust Bankの市場ストラテジストであるAyako Seraは「IT部門で少しの販売が、同時に投資家は国内経済に関連する価値の株式のために喜んで買収する意向があります。

「あなたは、投資家がコロナウイルス感染症の後の人生を計画していると言うことができるが、市場は現在の水準を中心に統合されます。 “

国内株式は、先月、30年ぶりに最高値を記録した後、最後の数のセッション中に下落を見せ、一部の投資家は、過度の泡の信号と述べた。

火曜日にTop 30のコアTopix名前の中で最も多く上昇した株式は、Honda Motor Co Ltdに3.68%、Astellas Pharma Incが3.64%上昇しました。

円が対ドルで9カ月ぶりに底に下落した後、多くの輸出業者が上昇しました。 円安は、海外からの送還される輸出業者の輸入を膨らませる。

Topix 30の実績が低調な企業は、Keyence Corp(3.02%下落)、Nidec Corp(2.91%下落)です。

日経は41人の下落に比べて182人の上昇がありました。

東京証券取引所のメインボードで取引された株式の量は過去30日の平均13億8000万株に比べて9億7000万株だった。 (Stanley Whiteジャーナリスト、Subhranshu SahuとAditya Soni編集)

READ  [에펫쿠스]海外配給が大興奮! キャラクターやマップの新しい要素盛り沢山シーズン7![Apex Legends / 일본어 번역 포함]- YouTube

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close