トップニュース

日本の科学者Isamu AkasakiがLEDの技術開発を助けた。

日本の南で育ったIsamu Akasakiは鹿児島湾の岩海岸に行きました。 彼はそこで発見した修正の形や色に魅せられたことを思い出しました。

岩を持って遊ぶ始め少年は数十年後に変更材料への情熱を持った研究者がいます。

その当時の世界は白熱電球が起こした革命と格闘していました。 彼の研究は、青色発光ダイオードと現代のエネルギー効率の高いLED電球を作るのに役立ちました。

この発明は、2014年赤崎さんと他の二人の日本の科学者にノーベル物理学賞を受賞しました。

発光ダイオードは、半導体結晶を介して電流を流して色を作成します。 古い白熱電球は、ほとんどのエネルギーを熱状態でした。 LEDは電気を直接光の粒子に変換して効率を向上させることができる可能性を提供しています。

READ  日本は、より強力な危機評価システムが必要になります

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close