トップニュース

日本の紀伊半島を横断する長い散歩

頂上に立って 日野出岳山、紀伊半島を横切って内陸を眺めると、千本の峰、銀箔地のようにしわくちゃになった土、地平線まで凍ったロイル、岩や土の剃刀刃のようなエッジがあります。 すべてのミュートトーン。 海に向かう方向を回すと、名古屋港から下り、また大阪湾まで包み込むギザギザの海岸が見えます。 黒潮またはブラック電流。

南紀列車路線が山で爆破され、離島国道42号線が海岸沿いに開拓される前にこの高地が活発に利用されました。 男女老牛を選ばず歩き回って物を載せて首の上にある茶屋に立ち寄り、 苗木餅やよもぎ餅を食べたり、ただのおにぎりに醤油をかけて炭火で焼いて食べたりしました。

そして、歩かないと、人々は船に乗って海岸を航海することができます。 湾から湾への航海は、200年前の素晴らしい経験でした。 若く、羽田から来た誰かと恋に落ち、潮を操り、砂浜で出会い、海に足を集めると想像してみてください。 久海の春

かつて古代民謡によると、 大和瀬市、ボートのない大工は山脈の向こうにある三郷里の一人の少女と恋に落ちました。 彼はこう歌った。 「わたしがわたしのやり方であれば,鍬でその焼山を平らにして彼女が通り過ぎたのでしょう。」 今日、電車に乗ってわずか数分で彼を山を越えて本当の愛に導くことができます。

私は12年前に初めて紀伊半島を訪問するように招待されました。

その地域の肥沃さは私を驚かせました。 まさにその木々です! この墓地には激動の日本全国時代の多くの領主たちの有害があるだけでなく、横になっているほどふわふわの苔もあります。

私は19歳の時に大学のために日本に引っ越し、過去22年のほとんどをここに住んでいました。 私が育ち、移民をやってきたアメリカの村はほとんどタバコとブルーベリー畑で、その土地は農業と産業毒物でいっぱいで、認知症と暴力の衝動の割合が異常に高いという噂を引き起こしました。 私の血に何があるのか​​誰が知っていますか?

しかし、高野山寺で3日を過ごした後、純粋な自然が体を変化させるように体が変わるのを感じました。 新鮮な山水と山野菜が無意識に持ってきた汚染物質を洗い流すことです。

その間の10年間、私は浄化と再生の感覚にもかかわらず、この土地を横切って数千マイルの古い道と道を歩きました。 半島自体は約4,000平方マイルを占めています。 湿っています。 日本で最も湿った場所の1つで、地球の亜熱帯地方で最も湿った場所の1つと考えられ、年間平均降雨量は約157インチです。 その湿気とともに豊かな歴史と生態が来ます。

キイのクマノエリアは熊野と書いてあります。 熊の元の文字隈は、隅、角、凹みです。 凹面空間です。 2番目の文字:「いいえ」(野) – 未開発または処女。 野生。 フランスの学者であり歴史家であり日本学者であるアラン・グラパードは、そのような地域を「自然なマンダラ」と説明しています。 彼はそれを「形而上の空間のすべての特性が与えられた広い地理的領域」と呼びます。

半島を歩いて注意を払えば、世界の間に浮いている自分を発見することになります。

日本の中央にあるにもかかわらず、紀伊半島の言語は口から厚く感じられます。 それはノースカロライナのドローを思い出させます。

去る6月30日間散歩をしている間、私が畑の世話をする老婆に挨拶を渡し、彼女は「向こうにクマを見た。

ATMでさえ、次のような音を出します。

私はいつもより甘いロボットの喧騒を聞くために数ドルをもっと受けたいと思う誘惑を受けます。

私のお気に入りの半島の町の一つは、単に名前です ふるさと、または古い村。 それは低い山道と海に面している一種の失われたマイクロエデン(micro-Eden)と向かい合っている時間を超越した感じです。 私が近づいたとき、私は花柄の作業服を着て、曲がった年齢の女性が小さな森の間に道を進んでいることを発見しました。 ミカンオレンジ。 村の真ん中に、低木と畑と農機の間にあるスマックは、大衆温泉です。

最近散歩をしている間、ロッカールームにいた酒に酔った農家が頭が私の肩にやっと触れ、ずっと私が上着を逆さまに着たと主張しました。 「いいえ、あなたはそれを持っていません。 〜上 〜上 「と言ってますます迷惑になった。更衣室にいた他の人が私たちを見て笑った。」左左がどうやって 女性 』と言った。 「あなたは女じゃないですか?」

私はズボンがなかった。

しばらく私はパニックに陥り、私がこの年の間間違って知っていたかもしれないと思いました。 思ったより多くの人が間違って知っています。 人々は神社に近づいて現金を出し、2回拍手をし、2回切り、2回拍手をし、また節をしなければならないときに寺をします。 一部の人々は仏教寺院で拍手をすることもあります。 そうすれば僧侶が舌を出せるほどめまいがします。 そして斧を磨くこの男は、私が男らしい方法でやろうとしたのではなく、死の道を選びました。 死者は右上から左に巻かれています。

私は農家に言った。 彼はそうだった。 私も同じでした。 そして彼は私を連れて村を少し見回した。 私たちはどちらも死んだ人たちでした。

私にとって働く町と通りを歩くのは、紀伊半島の大きな喜びです。 タフな山道の一日を地元の人と一緒にお風呂に仕上げることができるということは時々とんでもないが、決して面白くないです。 しかし、全体的な経験は極度の苦い苦痛の一つです。

日本の田舎は老けており、50歳未満の人々はほとんど見られません。 古い海岸車の農場のほとんどは太陽熱農場に変わった。 広大な木の畑が光沢のある黒いパネルに置き換えられました。

放棄された家や庭園が豊富です。 近年、私がKiiをそのように強迫的に歩いてきた理由の1つは、以前の衰退を確実に感じることができるからです。 お台で日本のクラシックラメルで一杯のコーヒーが恋しい キサテンスタイルのカフェ、わずか2か月で。 80歳の主人は、外に「私は事業を折った」というサインを残しました。 栃原では、数百年にわたって運営された旅館がすぐに最後の宿舎になるでしょう。

しかし、これらの変化は必ずしも憂鬱や悲しみを引き起こすわけではありません。 彼らは単に現代の生活の荒れた流れの一部にすぎません。 つまり、人口の高齢化と田舎での雇用機会の喪失が混じっている。 我々は、世界中の特定の業界について特定の決定を下し、これは部分的に結果です。

むしろ千年以上の歴史的意味を持つ半島自体のエネルギー、大地の豊かな生命力、まだそこに残っている人々の親切に感謝します。

この記事を読んでいる皆さんが今すぐここに瞬時に移動できることを願っています。 そして、日曜日の朝、青い空と日差しのある半島のある町の周りを長い散歩に連れて行くことを願っています。 すべてが維持されている誇りを証明しなさい。 数人しか残っていない。 しかし、通りが散らばって店のドアが開き、キサテンビーコンが点滅します。 春に飛ぶ鯉と白い服を着た裸の男たちの肩に背負った夏祭りの最後の紳士を想像する。 プン都市 下着。

しかし、今来なければなりません。 今すぐ。 輝く木炭の小さな塊のように、この明るさと暖かさは私たちの世界で長続きしません。

クレイグモード 鎌倉をベースに活動する作家であり写真家です。 あなたは彼の仕事に従うことができます インスタグラム そして Twitter。 彼の最近の著書、 「キサバイキサ」 東京から京都まで中仙道高速道路沿いを歩く彼の年代記。 彼の次の本は紀伊半島で起こる。

READ  人エマニュエルは「高レベル」のBiden代謝職に残っています:中国や日本のイスラエルの内閣NBCの可能性あり

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close