経済

日本の緑の未来に動力を提供するItochuの「青」のアンモニア

TOKYO – 日本貿易会社Itochuは、クリーン燃焼燃料のための世界最大の製造施設のいずれかになる予定の場所で2026年にカナダでアンモニアの商業生産を開始する予定です。

Itochuは、マレーシア国営エネルギー会社であるPetronasのカナダの子会社と天然ガスパイプラインを建設する現地のインフラ会社と共同事業化調査を行うことに合意した。 13億ドル規模の工場は、年間最大100万トンを生産するPetronas単位所有の油田から抽出した天然ガスからアンモニアを生成することです。

貿易会社は、日本で燃料を出荷して石炭依存度が高い国が排出削減目標を達成するために一歩近づくことができようにする計画です。 アンモニアは、燃焼時に二酸化炭素を生成せず、化石燃料発電所からの排出量を減らすために、石炭と混合されることがあります。

計画は2023年にアルバータ州の産業地帯の施設着工を要求します。 Itochuと地域のインフラ会社は、この工場のための合弁会社を設立することです。 取引ハウスは、ほとんどの販売を処理し、輸送ネットワークを構築します。

アンモニアは、天然ガスから水素を除去し、窒素と結合して生成されます。 伊藤忠は、この過程で発生する二酸化炭素を捕集して保存する計画である。 減少された気候の影響で作られた結果、燃料は、太陽光発電などの再生可能なエネルギー源を使用して作成された「緑の」アンモニアとは対照的に、いわゆる青色アンモニアです。

新工場のアンモニアは、主に電力会社と鉄鋼や化学メーカーのように、独自の電力を生産するメーカーに販売するために、カナダ西部で海を介してItochuの本国に発送されます。

石炭と20:80の割合で混合されたアンモニア100万トンは、1年の間に2つの1ギガワットの発電所に電力を供給するのに十分です。 日本政府は、2030年までに年間300万トンのアンモニア燃料を消費することを目的としている。

日本の官民グループは自主的にアンモニアから電気を生成するためにキロワット時当たり23.5円(21セント)がかかると推定するが、これは日本が大きな期待をかけているクリーン燃料である水素のコストの4分の1に相当します。

純粋な緑のアンモニアと比較しても青色アンモニアを使用すると、発電コストが最大2/3まで削減されるため、より商業的に実行可能な選択肢です。

材料費と輸送費がコストの大部分を占めています。 カナダの天然ガスは、米国シェールガスとの競争に価格が下落し、これをアンモニア生産設備に輸送するためのパイプラインがすでに用意されている。 アンモニアをカナダで日本や東南アジアに出荷するために10日もかからず郵送料が割安と予想される。

ボリュームはまだ問題であり、Itochuは新工場で解決するのに役立つと思われます。

アンモニアは、肥料成分として広く使用されており、これを生産して運搬する技術は、既によく確立されている。 しかし、毎年生産される2億トンの約90%がそのために加工及び消費されており、発電用純正アンモニアの大量確保は依然として課題となっています。

READ  バイパスされた93億7000万ドルの70%。 日本の地震復旧予算は返されません

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close