トップニュース

日本の自動車サプライヤー、供給不足による従業員の解雇

東京 – トヨタ自動車と日産自動車の主要サプライヤーは、世界中の半導体の不足と物流の問題が自動車生産に当たるにつれて、今月の従業員を一時的に解雇する予定です。

この動きはまた、約2年間にわたってグローバル生産を妨げている供給制約が日本の雇用環境に影響を与えていることを示しています。

フードの装飾品やその他の外装部品を作るFaltecは、デザイン部門の従業員を除く日本の800人以上のすべての従業員のために今月約3日の休暇を行います。

また、主要シートメーカーであるTACHI-Sは、東京近くの主要平塚工場で50名の従業員を10日間一時解雇しました。

両社は主要顧客である日産が生産を減らし始め、先月も社員を一時的に解雇した。

解雇された労働者は雇用契約を維持しますが、働かない日の給与は一部減額されます。 日本の労働基準法は、給与の60%以上を支給するよう規定している。

自動車産業は日本の製造出荷額の20%を占めており、約70万人が部品メーカーで働いています。

一方、インテリア資材などを作るトヨタグループの豊田ゴセイ(Toyoda Gosei)は今月中、日本の職員をすべて家に送る予定だ。 管理者を除き、休みの日には労働者一人当たりの80%を支給する。

ホンダに納品するギアメーカー武蔵清光工業は、5月と6月にかけて3日の稼働を省略する。

自動車メーカーは通常、1年または6ヶ月前に中長期生産計画をサプライヤーに通知します。 より最新の計画については、約1ヶ月前にお知らせします。 サプライヤーはこの情報を使用して品目を調達し、一時従業員を雇います。

ほとんどの部品メーカーは、自社生産の中断を経験したことがありません。 しかし、最終的なアセンブリが生産計画を修正し、最初に予想したものより少ない部品数を注文するにつれて、休暇に頼っています。

READ  日本カレーパングランプリ受賞作は… どら焼き菓子?

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close