トップニュース

日本の自衛隊は、より多くのパートナーと一緒に週2回のトレーニングを実施します。

東京 – 日本の自衛隊は、1月以降、毎週平均二回合同訓練を実施して、長い同盟国である米国を越えてヨーロッパ諸国だけでなく、オーストラリアやインドのようなクワッドメンバーが含まれています。

一方、東京は2018年から韓国との訓練をしていない。 2人の隣人の間の関係が寒冷地に落ちた。

自衛隊は、1月から5月までの外国軍と38回の合同訓練を実施したと公示した。 クワッド(正式に4文字安保対話)を除いて、欧州諸国は近年、多国間訓練に目に見えて参加しました。

フランスは4月、インドのベンガル湾で、日本の海上自衛隊とアメリカ、オーストラリア、インド海軍を含む4月の訓練を主導しました。 この訓練は、ヨーロッパとクワッドが連合して中国を抑制するというメッセージを送った。

日本の陸上自衛隊は来月九州では、米国とフランス軍と一緒に島防御訓練を実施しました。 航空自衛隊は4月だけで、米国と東シナ海上空で二度合同訓練をした。

台湾海峡と日本が管理する尖閣諸島の緊張安保状況が場所の選択に影響を与えた。

合同訓練の急増は、伝染病が活動を妨害していた1年前に比べて増加した。 2020年3月には、関節の動きが全くなかったし、その年の4月と5月には、それぞれ2回の訓練だけでした。

関節運動は、感染予防措置がとられた去年の夏から始まりました。

2020年1月から日本の海上自衛隊は69個の海上訓練に参加したが、これは自衛隊の3つの支部の中で最も多くなります。 国際海域は、日本に駐留する米軍以外の兵士に便利なロケーションです。 69個の海上訓練のほぼ半分が米軍を投入しました。

同じ期間日本航空自衛隊は28回合同訓練に参加し、地上自衛隊は9回に参加した。 訓練の約90%は、米国との二国間関係でした。

戦闘機と地上ユニットは、再補給なしで長距離輸送が困難なため、地上と空中の合同訓練は、主に日本の基地に駐留するアメリカ人を対象とします。

合同訓練は、外交関係の指標である。 2012年以降、米国との3者の訓練を含む共同訓練を見れば、オーストラリアとインドの参加が目に見えて増加した。

日本は2019年だけで、オーストラリアとインドと一緒に7〜10回の合同訓練を実施しました。 東京は後者を「自由で開放されたインドの – 太平洋」を維持するためにあり、同じ考えを持った国で見ています。

しかし、日本は2018年以来、韓国との合同訓練をしていなかった。 当時、米国ドナルド・トランプ大統領はその年、北朝鮮との対話の通路を開く方向に転換した。 二米国の同盟国は、そのような背景から、多国間訓練を避けていました。

東京とソウルの間の不信は役に立ちません。 韓国軍艦は2018年末、日本の監視装置に射撃統制レーダーを締める。 展示「慰安婦」と労働問題の紛争で関係が冷め国防交流が停滞した。

READ  「I-LAND "デビューメンバー7人決定日本人も抜擢 - モデルプレス

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close