トップニュース

日本の防衛相、クリミア半島式の台湾侵攻警告

日本の国防部長官は最近、台湾、中国の積極的な動きを指して言及し、軍隊を配置せずに侵略を開始する方法の例として、ロシアのクリミア半島マージを指摘しました。

岸信夫は金曜日第18回CSIS /日経シンポジウム映像メッセージで、ロシアの行為は「クリミアの不法合併」と述べた。 「誰もが知らない間に侵入が始まることができ、軍隊を使用せずに、戦争が起こることがあります。 “

情報統制とサイバー攻撃は、2014年にロシア軍がクリーム地域を掌握する前に顕著になりました。

Kishiの発言は、中国が台湾に圧力をかけながら出てきたことです。 今月初め、北京は、自分が主張するが、統治したことのない島の近くで記録的な数の戦闘機を飛行しており、台湾の国防部長官は、中国がすでに侵略する能力があり、2025年までに「全面」侵攻をすることができるだろうと警告しました。

安倍晋三(安倍晋三)日本の首相の弟である岸(吉志)は「一方的に強制や強制的に現象を変えようとする試みのために、アジアと世界の他の地域では、自由と民主主義が脅かされている」と述べた。

彼は中国と他の大国の脅威に対処するために、サイバースペースと宇宙空間分野で新しい技術を採用する必要があると強調しました。

中国が主張してディアオウィと呼ぶ日本の尖閣諸島近くに海岸ギョンビソンを配置して、台湾近くで襲撃することに加え、北朝鮮は、情報機関が監視し、検出することは困難幅広いミサイルを試験している。

岸は「大国は宇宙とサイバー空間で優位を占めるために軍事力を続け強化している」と述べた。 「北朝鮮は、既存のミサイルだけでなく、高度な技術も保有しています。民主主義は、世界中のどこからでも危険にさらされています。 “

岸防衛相の警告は、いわゆるハイブリッド戦争とグレーゾーン戦術が世界的に注目されている中で出てきたのだ。 ここには、虚偽の情報、経済的操作、代理人と反政府勢力の使用、外交的圧力が含まれます。

中国、ロシア、米国が宇宙ステーションを建設し、宇宙開発競争が激化している。 フィナンシャル・タイムズ(Financial Times)は、今週に中国軍が、夏の間に二度の極超音速兵器試験を実施したと報じており、消息筋は7月に打ち上げられたロケットは “分割軌道爆撃(fractional orbital bombardment)」システムを使用して初めて地球の周りを回る核可能極超音速滑空車両を推進したと伝えた。 ビジュアル。

一方、GPSからミサイルの精密攻撃、高度な技術に至るまで、すべての分野で使用される電波、マイクロウェーブ、X線、赤外線など、すべての電磁波の周波数帯域である電磁スペクトルを活用した電子戦で国は競争で優位を占めている。 レーダー

「この新しい分野に関連して、 [Japan’s] 自衛隊は今まさに一歩踏み出した世界を取ることができる位置にあります。 私たちは、高度な技術を積極的に対応する必要があります。」とKishiが言いました。

国防予算増額の必要性を強調した長官は、サイバースペース、宇宙空間、電磁波スペクトルに対する日本の努力が日米同盟を強化すると主張した。

彼は「米国は、技術で、私たちよりも先にあり、現在の日本は、米国に依存しているかのように見えることがありますが、日本が先端科学技術の基盤を持っている」とし「日本が独自の技術で貢献することを願う」と述べた。

第18回CSIS /日経シンポジウムに参加したRichard Armitage元国務省次官補(中央)Joseph Nye前ハーバード大学John F. Kennedy School of Government学長(右)とMichael Green CSISアジア、日本の上級副社長が出席しています。 オンライン。 (スクリーンショット)

毎年秋日経とワシントンのシンクタンクである戦略国際問題研究所(Center for Strategic and International Studies)が主催するフォーラムは、伝染病のために、今年の部分的にオンラインで開催されました。

ジョンヘムリCSIS会長は開会の挨拶基調講演で「アジアの外交政策は、貿易政策に関するもの」と環太平洋経済連携協定の包括的で漸進的な協定に米国が再加入しなければならないと主張した。

クリントン政権の前国防次官補はバイデン政権が協定に再加入するために主導的な地位を占めていないのは、「特に中国が協定に参加しようとしたときに誤って」と話した。

以降のセッションでアーミテージ前国務副長官は、中国が台湾に圧力を加えた結果、「より多くの人々が台湾側に集まるようになった」と話した。

日本は今年の国防白書では30年ぶりに台湾を言及し、フランス、イギリス、ドイツは南シナ海でのプレゼンスを拡大した。 アーミテージは「中国がしていることは、自分のゴールを入れること」と述べた。

同じセッションで前ハーバード大学のジョンF.ケネディ大学院学長を務めたジョセフ・ナイは、米国が「一つの中国」政策を撤回する場合、「我々は、ハチの巣を揺るがすだろう」と警告しました。

彼は法的独立の誘惑を助長せず、武力行使を抑制することが重要だと言いながらバイデン政権は「危機を助長することなく、抑止力を強化しようと努力している」と付け加えた。

米中の戦略的競争のパネルディスカッションで、パネル討論は、台湾、日本、中国の他の近隣諸国が、アジアの超大国の抑止力を強化する必要があると主張しました。

北岡伸一東京大学名誉教授は、抑止力が「安全のための方法」であるため、日本はNATO国家レベルと類似の国防予算をGDPの2%に設定することを目的としなければならないと述べた。 彼の発言は、自民党のマニフェストと一脈相通じる。

退役した米海軍提督ジェームズスターブリディーズ(James Stavridis)は、米国と同盟国は、台湾が本土で抑止力を引き起こす可能性がある防御兵器システムを備えるようにしなければならないと言いました。

しかし、別の元国務省次官補だったJames Steinbergは、衝突を防止する機構も必要であると警告しました。 彼は「特定の引火点を明らかに知っておく必要が一種の保護装置が必要であり、これらのことを正しく管理する方法を知っていることを確認する必要があります」と言いました。

青山ルミ早稲田大学アジア太平洋研究大学院教授は、中国国内の状況にも注意を払う必要がありと述べた。

彼女は習近平国家主席の「共同繁栄」の推進が「経済成長と社会の安定に多大な影響を与えるものであり、これは中国の対外行動をさらに強硬に作ることができる」と述べた。

READ  カワイ案里被告秘書の上告棄却最高裁連座制適用すると、失業に - 産経ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close