世界

日本の首相候補、同性・女性の人権問題に分かれている

東京、9月18日(ロイター) – 日本の次期首相候補者はすべての金曜日のテレビ討論会での流行との戦いの所得格差を減らすために、より良い政策をつと言っ言ったが同性結婚の多様性の問題について意見が分かれた。 別の姓を持つ夫婦。

9月29日、自民党総裁になると、誰が首相になるか、衆議院で自民党が過半数の議席を占めるようになり、金曜日からの一連のTV討論を始め本格的な選挙運動が始まった。

主要な競争相手として広く知られ、ワクチン長官太郎 Kono58歳の彼は最近、同性結婚の導入に賛成すると言って保守政党の主流事故から脱しTV朝日が放送した討論会での主な競争相手に、この問題に対する立場を尋ねた。

岸田文雄(64)前外相は、「同性結婚を受け入れるほどではない」と答えた。

他の二つの 候補者 レースには、両方の女性がいます。 野田聖子(61)前男女平等相とダッカ市早苗(60)前内務大臣。

彼らのリーダーとして見えないが、競争はまだ予測できないとみなされ、どちらかが信じられないほどの勝利をかけておくと、日本初の女性首相になります。

4人の候補者は、菅義偉首相の指導の下伝染病処理により支持率が急激に下落した政党の支持を拡大するために土曜日に別のTV討論会のために行を結合します。

候補者を引き離すより分裂的な問題の一つは、夫婦がお互いに他の城を持つことができるようにするかどうかである。

政治的スペクトルを超えた議員を含む女性支持者たちは、女性が自分が使用する名前を選択することができるしたいが、日本法では不可能です。

二人の女性候補のうち、より保守的な高井値フジTV討論で性が他の夫婦とその子供たちの間の混乱を避けるために国が既存のシステムを維持しなければならないと述べた。

二人の男の候補は、他の立場を取った。 Konoは夫婦がお互いに他の城を持つことができるようにすることを支持してKishidaは、議会が決定する前に、大衆の意見を理解する必要がないと言いました。

パク・チュミン記者; サイモンキャメロンムーア編集

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  伝染病はチューリップ、ブルーベル、桜の花を隠します。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close