技術

日本の高齢化パニックから誰が利益を得るのか?

昨年、 日本人口が減った 630,000人または1つのルクセンブルク。 今から2040年の間には1,600万(カンボジア1個)がさらに減少すると予想されます。 公式大人年齢に到達する若い日本のピクニックは戦後最低水準であり、65歳以上年齢層に一掃される助手は史上最高です。

日本の人口統計について楽観的な議論はありません。 しかし、そのテーマ、特に企業日本がどのように今までのように少ない数の人間として機能できるかについての問題についての議論を避ける方法もありません。

しかし、経済の一部で背後に起こる発展は、少なくとも問題に対する新しい考え方を提供します。

日本の労働力不足に対する伝統的な反応は、シーンチェンジ技術がここにあるか、まさに鼻の前にあるという考えに慰めることでした。 人工知能の賑やかな投資物語は、これに新たな可能性を与えた。

予想 救い主としての技術の役割 工場やその他の労働集約型産業のより大きな自動化の現実的な予測から、自動機械がサービス部門を満たし、調理し、清掃し、テーブルで待機し、勤務時間後にオフィスをパトロールし、高齢者を看護師にするより空想的なロボットの風景に至るまで様々です。

一部の人々はロボットが現在人間が占めているますます多くの役割を担うことになると真に信じているが、他の人はロボットの利点を容易な演技と見ている。 移民論争 国の政治体を集団的につぶすようにするのです。 どちらも問題に近づく奇妙です。

高fumi Yanoのスタートアップは、他の方法を見つけたかもしれません。 日本での海外雇用アウトソーシング事業は、このような議論の裏面でやや曖昧な立場をとっている。 多くの企業が機会(特に海外製造)を受け入れていますが、他の多くの企業では、品質、評判、顧客関係、言語、監督が利点よりも重要です。 仕事は家にとどまった。

これの副作用の1つは、日本の労働力が果たす作業の中で、実際に他の国の労働力がどれだけ多くの作業を行うことができるかについて真剣な議論を抑えることでした。

しかし、技術が現在その酸素を供給していると京都から来た31歳のヤノは言います。 彼は脳信号イメージング博士課程を終えながら会社を設立した。 彼の企業であるRutileaは東京に上場する計画を検討し、トヨタを含む日本最大の企業と交渉を進めています。

Rutileaのアイデアは、日本の労働者が多すぎる(Yanoは約500,000人と推定されています)が品質検査と検査のいくつかの側面に従事しているという観点から来ています。 高度にエンジニアリングされたコンポーネントを調べることから、お弁当が正しく配置されていることを確認することまで、これらの作業は、削減されている労働力の大部分を結び付けます。 ヤノは解放され再配置されれば、その500,000人の人間は市場に出ている最高のロボットよりも何倍も生産的だと主張します。

これを可能にするために、ヤノはAIを結合するシステムを構築することを提案しています。 現在の段階では、品質検査者として部分的にのみ有効であると彼は言った。 工場と生産ラインに配置されたカメラは、そのような作業の非常に多くの部分について十分な詳細を提供すると彼は言います。 彼はトルコやインドネシアなど世界中の公演スタッフが断然引き立っていると言います。 単一ですが、流動的な人員が自分に適した時間に自宅で検査を行うことができるため、ネットワークにつながっています。

日本はこれらの変化に伴う文化的変化の準備ができていますか? 何十年もの間、品質への関心を製造業の重要な要素である製造業界のユニークな販売ポイントにするために努力してきました。 モノづくり (ものづくり) 国家的誇りを裏付ける気風。

このように製造プロセスのこの要素をアウトソーシングするというアイデアは、技術が準備されたのか、コストが魅力的で、実際の結果が自宅で行ったのと同じかどうかを超えたことです。 実際、ヤノの場合、品質管理のアウトソーシングの問題は、日本企業が超えなければならない特定のRubiconを表しています。

これがRutileaの進捗状況と、今後数ヶ月と数年間で日本企業と締結する取引が重要な指標である理由です。 日本が技術を使って人材を再配置するというアイデアを真剣に受け入れるほど、決して来ないロボットの軍隊を待つのに無駄な時間が減ります。

Leo LewisはFTのアジアビジネスエディタです。

フォローする @FTMag Twitterで最新の記事を最初に学びましょう。

READ  Steamで発売から1年、「過小状態」であった「Among Us」が突然人気大爆発。同接16万人の開発者は、頭を抱えて| AUTOMATON

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close