トップニュース

日本の2020年求人性45年ぶりに最も急激な減少の記録

2020年、日本の就職率は、1975年以来、最も急激な下落を記録したのに対し、平均失業率は11年ぶりに上昇し、労働者のコロナウイルスの流行による放射性降下物の規模を強調すると、政府のデータが金曜日た。

求職率は0.42ポイント安の1.18で、1973年に世界的な石油危機以降記録された1975年の0.59ポイント下落の後、最も速い速度である。 これは求職者100人あたり118人の雇用があることを意味します。

下落率は世界的な金融危機以降、2009年0.41ポイントを超え、2014年1.09以降で最低を記録した労働部が発表した。

2020年の年間の失業率は2.8%で、前年より0.4%ポイント高くなったのは、2009年以来初めて1.1%上昇した5.1%を記録したことが分かった。

失業者数は29万人増の191万人で、11年ぶりに増加した。 働く人の数は8年ぶりに減少した480,000人で66.76百万人に減少しました。

武田良太内務省長官は「このデータは、コロナウイルス感染症(労働市場)の継続的な大きな影響を示した。我々は、発展状況を綿密に監視する」と述べた。

雇用がある従業員の2,090万人の非正規職や非正規職の従業員で、前年比75万人減少したが、2014年の比較データを使用できるようにされて以来、初めて減少した企業の解雇と労働契約非更新伝染病による。

大流行前まで、日本では、女性と高齢者が労働市場に多く進入し、非正規職労働者が増加しており、近年、急速な人口の高齢化により、深刻な人材不足に直面していました。

会社員の正規職は3,539万人で、前年比36万人、6年連続で増加した。

ウイルスの影響を示す別の指標であり、退職した従業員の数は、80万人から260万人に急増し、1968年に比較可能なデータを使用できるようにされて以来、史上最高値を記録した。 年間増加率も歴代最も急数値です。

部門別では、ホテルやレストランなどのサービス産業従事者数が29万人減の391万人で、ウイルス感染に対する懸念で、消費者が外食や旅行を躊躇するようになっすべての産業の中で最も急激な減少を示しました。

伝染病は昨年一年の間、世界で三番目に大きい経済に大きな被害をもたらしました。

4月から5月までのウイルスに対して全国的に宣言された政府の最初の緊急事態は、人々に家にとどまってほしいという要求と、不必要な事業の運営中断要請で記録上最悪の景気後退を引き起こしました。

4〜6月の日本経済は、前期比年29.2%下落した。

日本の失業率は、他の主要経済国に比べてまだ低いが、菅義偉首相が今月初め、東京と他の10県について、2次ウイルス緊急事態を宣言した後、中盤以降の感染が再び発生し、雇用状況の見通しは不確実性です。 – 十一月。

近年の労働力が不足して2019年の平均失業率は2.4%で、1992年以来の低水準だった。 しかし、昨年、ウイルスの拡散に月の失業率は徐々に悪化し始めて3%水準に達している。 3年ぶりに8月に。

ダイワ研究所のアナリストであるむね久田村(Munehisa Tamura)は「結果は昨年コロナウイルス感染に起因する前後の期間最悪の経済低迷で雇用環境が著しく悪化したことがわかった。

しかし、田村は、失業率の悪化がこれまで以上に深刻ではないと述べた。 「おそらく、事業者(最初の)ウイルス緊急事態の解除に備えるため、可能な限り人員を維持しようとしたからでしょう。政府の補助金の」

Tamuraは2021年に労働市場の数値が構造人材不足に基本的に改善されるだろうが、まだウイルスの状況に大きく依存するだろうと予測しました。

12月だけの失業率は2.9%で就職率は1.06で、11月と同じです。

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  勢いで3連勝主導神聖横浜マFWジュニオール・サントスがマリノスサッカー体現(毎日新聞) - Yahoo! - Yahoo! ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close