トップニュース

日本の27都市での有効期限が切れたため、740,000のモダンナ線量が廃止されました。

日本の27の主要都市での期限切れのため、モダナが製造した約740,000個のCOVID-19追加ワクチン接種量が廃棄されたり廃棄されることが予想されると、刑務所ニュース調査が土曜日に示された。 人々。

5月17日から木曜日まで実施されたこのアンケートは、日本の52の主要都市に政府が提供したモザーやブースタードーズを廃棄したか、廃棄する計画があるか尋ねました。

これらの線量は合計739,085発に達し、地方自治体当たりの無駄な線量の量は645から120,000まで多様です。 ファイザーで12ヶ月に比べてモザーナが作ったワクチンは9ヶ月で満了する。

調査結果はまた、痛みや発熱などの副作用がModerna注射でより頻繁に報告されるため、より多くの人が3回目の注射を受けるのを嫌がり、より多くの人がPfizer注射を好むことを反映します。

政府が提供するModernaブースターは、52の都市に限定されず、全国で使用されるため、日本の他の場所でも同様のケースを見つけることができます。

政府によると、金曜日まで約7500万人が追加注射を受けた。 このうち約3,100万人がモダナワクチンを投与され、約4,400万人がファイザーワクチンを投与された。

READ  日本の寒冷基団。 大雪予想

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close