経済

日本のCAPEX、企業が財布のひもを強化によって減少する| ロイター| 事業

投稿者:Daniel Leussink

TOKYO(Reuters) – 日本企業は、10月から12月までのメーカーがコストを削減しながら、3四半期連続プラントや機器への支出を削減し、コロナ19大流行が民間需要を強打しながら、日本の回復の強さに疑問を投げなりました。

資本支出の弱体化は、世界で3番目に大きい経済が健康危機を決定的に振っておくことができるよう、民間部門の投資に依存する政策立案者を心配することです。

別のデータは、1月、日本の雇用市場についてより楽観的な映像を描きました。

財務省(MOF)のデータによると、10月〜12月の資本支出は、前年同期比4.8%減、7月〜9月10.6%減に続き、第3四半期連続の減少を記録した。

Norinchukin研究所のチーフエコノミストであるTakeshi Minamiは「メーカーは明らかにコストを削減しています。」と言いました。

彼は「中国と米国に向かう輸出増加に回復傾向を見せているので、確実に利益を確保しているが、一方では、コストを削減するために多くの努力を傾けている」と付け加えた。

データによると、ビジネスの経費は、季節調整ベースで前期比0.3%減のメーカーは、ソフトウェアへの投資をより速い速度で、3四半期連続で削減しました。

アナリストは、CAPEXデータが3月9日までの4四半期のGDP(国内総生産)のデータが下方調整されると述べた。

先月発表された速報値によると、日本経済は前四半期に年間12.7%成長したことを示している。

健康危機がドク打つ前に資本支出は、企業が高齢化社会の労働力の不足に対処するための努力して自動化と高度な技術部門への投資のために、日本の輸出依存経済からの明るい点でした。

10月〜12月に、一般企業の利益は前年同期比0.7%減少し、7四半期連続で減少した。

メーカーは前年比10四半期ぶりに経常利益が初めて増加したが、事業支出は、前年同期比8.5%減少した。

サービス部門の支出は、第3四半期10.8%の減少に続いて前年比2.6%減少したことが分かった。

売上高は10〜12月に前年比4.5%減少し、6四半期連続で減少しており、以前の期間の11.5%の減少よりも鈍化しました。

1月の失業率は、前月比2.9%と変わりません。 労働部の資料によると、就職率は前月1.05から1.10に増加し、昨年6月に1.12以来の高値を記録した。

キャピタルエコノミーズの日本経済学者トムリアマスは「新しい仕事の提案はすぐに回復するもので、経済の回復が再開されることによって、雇用が回復するだろう」と述べた。

「私たちは、今年の雇用増加が継続的に労働人口の増加を上回ることを期待します。」

(Daniel Leussinkジャーナリスト、Sam Holmes&Shri Navaratnam編集)

READ  雷鳥レール移動サービスの廃止、10年ウエストエクスプレス銀河山陰特産品を持って| 鉄道ニュース| 鉄道チャンネル

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close